命取りに!職場の「冤罪不倫」が急増する理由

いつでも誰でも「やらかす」可能性がある

「自分は大丈夫」という過信が、思わぬトラブルを引き起こします(写真:EKAKI / PIXTA)

「営業部女子課」の活動や人材育成の仕事で全国を巡り、各地の働く女性やその男性上司の皆さんと接していると、時折耳にする話があります。「良かれと思ってやったのに、部下から責められて問題になってしまった」「悪気はなかったのに、社内で処分を受けることになってしまった」……。いわゆる「職場トラブル」です。

よくよく話を聞いてみると、どのケースもことの発端は意外なほど些細なこと。裏を返せば「気を付けよう」と心に止めておかないと、誰もが「やらかしてしまう」可能性があるとも言えます。

安易なSNSやLINEの使用によるトラブル。社内の男女関係やハラスメントをめぐるトラブル。これらを避けて、本来の業務に集中するためにも、私たちはどんな点に留意すればいいのか? 最近増えている実例と共に、弁護士の佐藤大和さんにお話を伺いました。

スタンプの使い方ひとつで、思わぬ事態に…

――最近の働くミドル世代が遭遇するトラブル、どんなものが増えているのでしょうか。

社内恋愛や浮気といった、男女間の恋愛トラブルが急増しています。理由は2つ。1つは、女性の社会進出にともない、職場での出会いが多くなっていること。それ自体は喜ばしいことですが、その分、トラブルも増えているんです。そして2つめは、SNSを通じたコミュニケーションスタイルの変化により、恋愛関係に発展しやすくなっていることです。

――SNSが絡んでくると、今の時代ならではの問題もありそうです。

最近増えているのが「冤罪不倫トラブル」です。LINEやSNSという「手軽なツール」が浸透したことにより「不倫しているのではないか?」という疑い、誤解を招くことでトラブルが発生します。

SNSで仕事のやりとりしているだけで誤解を生む場合もあります。同僚や後輩と一緒に取引先に行くとき、親しい間柄なのでLINEで「今日は〇〇で待ってるね♡」と送る。場合によっては、これでもう誤解を生みます。「ハートマーク」のスタンプひとつで、命取りになることもあるのです。

次ページ「冤罪」と判明しても、懲戒処分につながりかねない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT