偏差値重視の親が知らない「食える力」の教育

2020年、教育界の「関ヶ原の戦い」が勃発する

「よし、できた!動かしてみよう」

1月のある土曜日、東京・渋谷にある子ども向けのIT・ものづくりの教室『LITALICO(リタリコ)ワンダー』に、HONZ代表の成毛眞氏が訪れていた。

1月にリタリコワンダーを訪れた成毛眞氏。2月6日発売の週刊東洋経済『「食える子」を育てる』では、成毛氏とリタリコの長谷川敦弥社長の対談を掲載(撮影:梅谷 秀司)

 子どもたちが操作していたのは、レゴと米マサチューセッツ工科大学とが共同開発した教育ツール「マインドストーム」。まずはレゴブロックを組み立て、その動作をパソコンでプログラミング。角材の上を平行移動するなど、ロボットの複雑な動きを実現させていた。

最大の変化はセンター入試廃止

週刊東洋経済2月6日発売号(2月11日号)の特集は『「食える子」を育てる」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

リタリコの長谷川敦弥社長が「テクノロジーの分野では、自分ができないことをやってのける子を親が尊敬するようになる」と話すと、成毛氏は「教育という言葉をもう変えるべきなのかも。教え込むのではなく、個性や才能を引き出す。教室と呼ぶのもやめて、学習の場、略して学場とかね」と返した。

今、リタリコのようなロボット・プログラミング塾が盛況だ。背景にあるのは、子どものころから今後社会で必要になるスキルを身につけさせたいという親の気持ちである。その熱は今後高まりそうだ。2020年度から小学校でプログラミング授業が必修化されるからである。

「英語なら何とかなるが、プログラミングはいっさい習ったことがない。どうすればいいのか」(都内の小学校教師)。教育現場からは不安の声が挙がるが、時流に合わせて教育内容が変化していくのは当然である。

次ページ最大の変化は2020年度の大学センター入試廃止
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。