就活、大手企業の「情報発信」は始まっている

2月までに6割が採用ホームページをオープン

人気企業の各社の採用ホームページ画面。多くの企業で2018年卒向けの採用ページをオープンしている

1月までに後期試験が終わっている私立大学は多い。国公立大の試験は少し遅く、2月10日頃までには終わるスケジュールだ。年明けの最大関心事だった試験を乗り越え、一息つきたいと思う就活生は、かなりいるのではないだろうか。

多くが2018年版の採用ページを開設

就活日程では3月1日が「採用広報解禁日」とされているので、束の間の休息を楽しんでいても不思議ではない。しかし、油断は禁物である。多くの企業はインターンシップを実施するとともに、今年版の採用ホームページをオープンしている。つまり就活戦線はすでに動いているのだ。

2016年11月にHR総研が企業の人事担当者を対象に行った「2018年新卒採用動向調査」によると、新年を迎えた段階で企業の採用広報は始まっており、かなり多くの企業が採用ホームページをオープンさせている。今年3月にオープンする企業が3分の1ある一方、1~2月オープン(33%)の企業、昨年末までにオープンした企業を合わせると、ほぼ6割に達している。

次ページ3月前にオープンする理由は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT