「オフィスがきれいな会社」100社ランキング

カフェテリアもトイレも健康を保つには重要

東京・江東区にある日本ヒューレット・パッカードの本社。カフェテリアがあるなどオフィス環境には定評がある (記者撮影)

就職活動で企業探しをする際、事業内容や業績、成長性などを重視する人も多いだろう。その一方で、会社や職場の雰囲気、福利厚生や勤務体系といった労働環境なども、判断基準にする人はいるだろう。中でも「オフィスがきれいか」というのは、男女問わず、就活生にとっては気になるところだ。これから1日の3分の1は過ごすことになる職場。その職場環境が働きやすい場所であってほしい、と望むのは自然なことである。

3分の1を過ごすオフィス環境は重要

そこで今回、エン・ジャパンが運営する口コミサイト「カイシャの評判」のアンケート結果を基に作成した、「オフィスがきれいな会社」ランキングを掲載する。

「カイシャの評判」は、その企業に在籍する社員や、派遣などで勤務するスタッフ、在籍したことのある元社員たちが書き込んだ、「会社の口コミ」を掲出するサイトだ。同サイトでは、同時に会社の雰囲気などを聞くアンケートも実施しており、その結果を会社分析レポートとして公表している。

今回のランキングは、その会社分析レポート作成のための設問項目で、「オフィスはきれいですか?」に対して、「はい」と回答した人の割合をポイント化し、高い順に並べたものだ。つまり、オフィスがきれいかどうかを、“会社の中の人”が評価した結果ということになる。

ランキングは、カイシャの評判の掲載企業のうち、口コミ件数が累積300件以上で、アンケートへの回答者が30人以上の企業が対象である。対象社数は352社となっている。なお、平均ポイントは56.5ポイントと、比較的高い値となっている。どの企業もオフィス環境には気を配っている結果かもしれない。今回はそのオフィスがきれいな会社、上位100社を紹介していきたい。

次ページトップには5社が並んだ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT