就活、大手企業の「情報発信」は始まっている

2月までに6割が採用ホームページをオープン

2月段階では企業によって、2017年新卒採用ホームページと2018年新卒採用ホームページが混在している。2018年新卒採用ホームページでも、フルスペックではないことが多く、2017年版の流用のところもある。若手社員紹介や座談会などのコンテンツは順次追加していくケースが多い。

だが2017年版でも、業務や仕事の内容、各種制度はほぼ変わらないので企業研究はできる。3月の解禁日を待つのではなく、2月にいろいろな業界や企業を調べておき、3月1日に解禁されたらすぐにプレエントリーできる、企業群を用意しておきたい。プレエントリーをすると、自分の「マイページ」が開設され、さらに多くの情報が見られるようになる。

3月1日にプレエントリーできる企業を選べ

上のロゴをクリックするとHRプロのサイトへジャンプします

いま選ぶ企業群は、3月解禁スタートダッシュ用のもの。就活を進めていけば、業界分析が進んで、気になる企業も出てくるだろう。そうしたらどんどんプレエントリーすればいい。

3月1日になると急に忙しくなる。具体的には就職ナビからのプレエントリーが始まる。企業の採用ホームページも本格的に動き出し、会社説明会・セミナー、合同の会社説明会・セミナーがあちらこちらで行われる。

同時にエントリーシートや履歴書を受け付ける企業も増えていく。経団連が指針としている選考活動の解禁日は6月1日だが、3月から実質的な面接を始める企業も少なくない。ゴールデンウイーク明けの5月になれば、内定という名称を使わないとしても、”事実上の内定出し”が増えてくる。短期決戦になるので、体力、気力が必要だ。決戦が始まる前に、納得できる企業研究をしてほしい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大論争! 財政再建か財政拡張か<br>消費増税延期論やMMT台頭も

株価急落と国内景気の減速で、消費増税の延期論が勃発した。根強く残る財政拡張派の主張は正しいのか。世界的な低金利の継続で台頭したMMT(現代貨幣理論)を含め、争点を検証する。小峰隆夫氏ら4人のエコノミストによる座談会も収録。