間違い続出!「カタカナ英語」のキケンな罠

ゆっくり食事も楽しめない?

でも、難しかったのがソフトクリーム。悩みながらタロウさんがギブアップ。

✕ This is not soft creamis it? (これは軟らかいクリーム…ではないよね?)

そうなのです。ソフトクリームは英語ではsoft serve または soft serve ice creamと言います。

It’s called soft serve. (これはソフトクリームって言うんだよ)

それからゼリーも難しかったです。しかも、これは厄介です。

△ This is apple jelly! (これはリンゴジャム!)

とタロウさんは言いましたが、アメリカでは通常jellyはパンに塗る「ジャム」をイメージします。商品名ではありますが、確実にゼリーとして伝わるのはJell-Oです。

でも実はjellyでも、英語としては完全に間違いではないのです。イギリスでは「ゼリー」のことをjellyと呼ぶのです。

It’s called apple Jell-O! (これはリンゴゼリー(米)!)
It’s called apple jelly! (これはリンゴゼリー(英)!)

相手によって使い分けられるようにしておくとよいと思います。

スイーツ中年ムキになる

そんな話を聞いているのかいないのか、せっせとデザートを盛るタロウさん。甘いものに目がないのは知っていますが、いくら別腹といってもふた皿は取りすぎでしょう。Are you sure you can finish all of that?(本当に全部食べられるの?)というと、It’s a piece of cake!(楽勝だよ!)とジョークを言いながらケーキを指さしていました。

席に戻ってデザートを食べ始めると、案の定、ひと皿食べきれないと言って、筆者に押し付けようとするタロウさん。I told you!(だから言ったのに) Your eyes are bigger than your stomach.(見た目の感覚ほど、実際には食べられない)って言うでしょう。「もったいない」と筆者が言うと、悔しそうにI will take this home!(家に持って帰る!)と負け惜しみ。そんな、アメリカじゃないんだから。アメリカでは持ち帰り用の容器をもらって、食べきれなかった食べ物を持ち帰ることがあります。もちろん食べ放題のサービスで持ち帰りなんてありえませんけどね。

普通のレストランで食べきれなかったときには、担当のウエーターに

Can I get a to-go box? (持ち帰り容器をもらえますか)
Can I take the leftovers to go? (残りは持ち帰りにできますか)

とお願いするといいでしょう。to-go boxの代わりに、ただboxと言っても通じますし、doggy bag(持ち帰り袋)でも通じるでしょう。ただ、最近はあまりdoggy bagという表現は使わないようです。

Just leave it, or you’ll be sick.(残しておけばいいよ。無理すると気持ち悪くなるよ)と言ったら、I can eat it!(食えるもん)とムキになって口に押し込むタロウさん。

その30分後、電車の中で「腹が痛い」と涙目になることも知らずに……。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。