間違い続出!「カタカナ英語」のキケンな罠

ゆっくり食事も楽しめない?

ともあれ、まだ明るいうちからの乾杯は格別! なんだか筆者もウキウキとしてきました。ワイン飲みながら、オープンカフェでサラダなんて、お洒落な女子会みたいじゃないですか。

でも現実は、冴えないオジサンがふたり、「草(←サラダ)をむさぼりながらの酒盛り」にしか見えない……。そんな中、タロウさんは次のような間違いをしました。

✕ You’re eating a lot of broccolis!

You’re eating a lot of broccoli! (ブロッコリー、たくさん食ってるね!)

broccoliは数えられないので、sを付けずに言います。これはカタカナ語ではありませんが、間違える方が多いので一緒に覚えておきましょう。

✕ I don’t like peemans very much.

I don’t like green peppers very much. (ピーマン、あんまり好きじゃない)

日本語の「ピーマン」はフランス語のpimentに由来するようです。英語ではgreen peppersと言います。

✕ I found small American dogs!

I found small corn dogs! (小さいアメリカンドッグがあったよ!)

アメリカンドッグはcorn dogと言います。食べ物はカタカナ語が多いので難しいですよね。気づけば「酒盛り」がいつの間にか「食べ物レッスン」に。

すると、タロウさんI know another Japanese English word!(和製英語の単語、ほかにも知ってるぜ!)と挙げてくれたのが「栗」でした。多くの方が「マロン」というのを英語と勘違いしているのですが、これはフランス語で、英語ではchestnutと言います。

タロウさん、Kuri is called chestnuts, isn’t it?(栗はchestnutsと言うんだよね?)と大正解。Wow!(すごいじゃん!)と筆者が褒めると、少しドヤ顔してから聞いてきました。But why is it chess?(でも、なんでチェスなんだろう)

え? もしかして、タロウさん、chestnutのことchessnutだと思ってました? 確かにどちらも発音は同じですが、chessじゃなくてchestですよ!!

スイーツは和製英語のたまり場

たらふく飲み食いしたあとで「スイーツは別腹!」とデザートを取りに行くふたり。サラダバーの端にあるデザートセクションには、小さいシュークリームとチョコレートケーキ、アップルゼリーが並んでいて、その横にはソフトクリームマシーンがありました。

これまた和製英語のたまり場といわんがごとくのラインナップ。Do you know what you call all of these in English?(これ全部、英語でなんていうか知ってる?)とタロウさんに聞くと、よく間違いやすいシュークリームは正しく覚えていました。

英語でshoe creamは「靴クリーム」。正しくはcream puffと言います。15年以上も前にレッスンで教えたのを、ちゃんと覚えていてくれました!

次ページソフトクリームは英語では?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。