「グローバル人材」を目指すあなたへ

何を目指して海を渡る?

では、どうすれば夢を見つけられるのか。

「夢」とは渇望だ。たとえば、あなたが砂漠で迷い、灼熱の中、3日間1滴も水を飲めなかった状態を想像してほしい。あなたは心の底からコップ1杯の水を欲しがるだろう。それが夢だ。夢とは生理的に渇望するものだ。断たれたときに死ぬほどの苦痛を覚えるものだ。その点において、「夢」と「選択肢」は根本的に異なる。だから、無数の光の中からどれを目指すべきか迷ったとき、こう考えればよい。断たれたときに最もつらいものはどれか、と。僕にとってはそれが宇宙だった。 あなたにとって、それは何であろうか?

本連載では13回にわたってさんざん偉そうなことを書いてきた。だが、僕もあなたと同じく、まだ夢を目指す途上にある。僕は宇宙開発の歴史に名を残す大きな仕事がしたい。それが夢だ。

道のりは遠い。始まったばかりのJPLでの仕事はまだ不慣れで、必死にもがいている状態だ。宇宙開発の仕事といっても、日々の仕事は華やかでも夢にあふれているわけでもなく、しんどいことの連続である。

だが、どんなに仕事に忙殺されていても、夢を忘れず、夢を信じて、一歩一歩、その実現のために頑張っていきたい。あなたもぜひ、夢を見つけ、夢を信じて、一歩一歩、日々の勉強や研究や仕事を頑張ってほしい。

そして何十年後か、僕とあなたが夢をかなえたら、世界のどこかの飲み屋で、お互いの人生を振り返りながら、酒を飲み交わす日がきっと来るだろう。

(了)

※ 本連載筆者による書籍の刊行を予定しています

僕が代表を務める米国大学院学生会が開催している留学説明会も、万人に留学を「布教」することが目的ではない。夢を持ち頑張っている留学生たちの体験談を聞いてもらうことで、海外に出るにせよそうでないにせよ、目標を高く持ち努力するモチベーションにしてほしいというのが、僕たちの願いである。今夏も7月、8月に北海道大学、東北大学、東京大学、東京工業大学を回る。留学を考えていない方も気軽に聞きに来てほしい。

http://gakuiryugaku.net/(ポスターデザイン:長野光希)
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。