「グローバル人材」を目指すあなたへ

何を目指して海を渡る?

なぜ「グローバル人材」になりたいのか

そもそもあなたはなぜ「グローバル人材」になりたいのか。

僕は「グローバル人材になりたい」という風に考えたことは一度もなかった。親にも先生にも「グローバル人材になれ」と言われたことなどなく、ましてや「MITを目指せ」などと言われたことなど、あるはずがなかった。僕がアメリカに来たのは、ここで宇宙開発の仕事をしたかったからだ。 僕にとって、アメリカに住むことや、「グローバル人材」になることは、目標達成のための手段でしかなかった。

僕がどうも最近の「グローバル人材」ブームに対して肯定的になれないのは、「グローバル人材になること」が自己目的化されてしてしまっているように思えるからだ。イチローは大リーグで活躍するためにアメリカに渡ったのであって、アメリカに渡るために大リーグに移籍したわけではあるまい。日本で働くかアメリカで働くかというのは、東京で働くか大阪で働くかということと、本質的には何の違いもない。

もちろん、若者が世界を目標として頑張ることはすばらしいことだ。だが今一度、あなたは何のために「グローバル人材」になりたいのか、と問いてみてほしい。

まさか、就職活動に有利になるために「グローバル人材」になろうなどという、つまらない考えを持っていないだろうか。さすがにそんなことはなかろう。だが、もしそうならば、ドラッカーのこの言葉を思い出してほしい。

「あなたは何によって記憶されたいか。今、答えられなくてもいい。でも、50歳になっても答えられなければ、あなたは人生を無駄にしたことになる」

僕やあなたが「グローバル人材」であったことによって後世の人に記憶されることは決してない。もし僕が記憶されるならば(そうなる予定であるが)、それは宇宙工学の分野に残した業績によってだろう。もしあなたが記憶されるならば、それはあなたが発見した何か、あなたが発明した何か、あなたが創造した何か、あなたが達成した何かによってだろう。

もちろん、今も昔も若者は理由もなく外の世界への冒険にあこがれるもので、それはとても健全な精神だと思う。白状すれば、僕もMITに留学したのは、アメリカで宇宙工学を究めたいというだけではなく、単に親元を離れて広い世界を見てみたい、という気持ちもあった。

だから、明確な目標がなければ海外経験は無意味だ、と言いたいわけではない。楽しそうだからという理由だけで、勢いに任せて飛び出してみて、いろいろと苦労し、悩み、経験するうちに、自分の道が定まるというので何も悪くはない。実際、ほとんどの人にとって、多かれ少なかれ人生とはそのように偶発的なものだろう。あなたが「グローバル人材」を目指しているならば、それはすばらしいことで、ぜひそのまま頑張ってほしいと思う。

だが、決してそれを自己目的化させてはならない。たとえ今すぐ答えを見つけられなくても、つねにこう自分に問い続けなくてはならない。自分はこの一生で何を成し遂げたいのか。この人生は何のためにあるのか。 そして、自分の夢は何なのか 、と。

もしあなたの夢が日本国内にあるならば、「グローバル人材」ブームなんていっさい気にせず、胸を張って日本で活躍すればいい。「グローバル人材」が、そうでない人よりも偉いなどという法はどこにもない。

そして、もしあなたの夢が日本に収まりきらないならば、迷わずにこの島国を飛び出せばいいのだ。僕は宇宙を目指して海を渡った。あなたは何を目指して海を渡るのだろうか。

次ページ夢の効用
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。