"技術志向"がNASAで通用しない理由

NASAジェット推進研究所内「プチ失業」からの学び(新技術編)

 

世界の理系エリートが集まる米国トップスクールMIT(マサチューセッツ工科大学)。そこには、どんな学びがあるのか? 6年半の留学の後、紆余曲折を経て、夢のNASAジェット推進研究所に職を得た著者が、 『宇宙を目指して海を渡る MITで得た学び、NASA転職を決めた理由』 刊行を記念して大好評連載を一時復活!!
6年半のMIT留学とNASAに職を得るまでの学びを全部詰め込んだ新刊、好評発売中!(Kindle版はこちら

 桜が散ってからまた咲くまで。これが日本人にとっての1年の定義だ。ここロサンゼルスでは桜は咲かないが、それでも年は巡る。風がないのに回っている風車のようで、僕のような新参者の日本人は違和感を覚える。

NASAジェット推進研究所(JPL)に転職してからもう1年近く経った。それはつまり、MIT留学からJPL転職までの体験をつづった本連載が終了してから約1年が経ったことも意味する。

この連載がありがたくも好評をただいたおかげで、このたび、著書『宇宙を目指して海を渡る MITで得た学び、NASA転職を決めた理由』を刊行させていただくこととなった。これを機に本連載を一時復活させ、著書にも昨年の連載にも書けなかったいくつかのことを書きたい。

この記事では、この1年のJPLでの経験から学んだことについて書こうと思う。とはいえ、それは簡単なことではない。この春に入社2年目や学校の2年生となった人はおそらく同じ思いだと思うが、新しいことを始めた最初の1年というものは、まさに怒濤のごとく新たな経験をするものである。

僕もなんとかここで成功するために1年間必死にもがき続け、まだもがいている途中である。この体験を消化し、俯瞰的に眺め、そこから読者にとって有用な一般論を引き出せる段階には、まだ到っていない。

今回の著書はMITでの体験が主な内容だが、この1冊を書くために7年の経験と2年の消化期間を要した。MITのことだけではなく、JPLへの就職活動や職場の仕組みなど、JPLについても限定的な内容も含めはした。しかし、現在進行形で得ているこの怒濤のような経験を消化して1冊の本に著すまでには、少なくともあと5年ないし10年、もしかしたら20年以上かかるかもしれない。だから、JPLの体験について書けることは、現時点ではこの記事がすべてである。

次ページNASA JPLの“プロジェクト・ベース”とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT