女性が”海外男性社会”でサバイブする方法

世界最大級のビール会社で働いてみた

グローバル化の進展により、国の枠を超えて活躍する「グローバルエリート」が生まれている。しかし、そのリアルな姿はなかなか伝わってこない。グローバルエリートたちは何を考え、何に悩み、どんな日々を送っているのか? 日本生まれの韓国人であり、国際金融マンとして、シンガポール、香港、欧州を舞台に活動する著者が、経済、ビジネス、キャリア、そして、身近な生活ネタを縦横無尽につづる。
ペルー出身の美女、ダニエラ・カーロ。外国人として、ビール会社の男社会でサバイブした彼女の話は、日本の女性のみなさんにも参考になるはずだ

ダニエラ・カーロ27歳。南米ペルー出身のアニメーションチックな声で話すキュートで小柄な女性である。ペルーといえば人口3000万人で、金と銀とジャガイモとトウモロコシの産出で有名だ。えらく浅いお国紹介やな、というご批判が聞こえてきそうだが、これは先ほどダニエラから聞いたことの受け売りである。

祖父母はイタリアとドイツとスペインのミックスであり、自身もドイツ、エルサルバドル、アメリカで働いたのちに、現在、INSEADのフランスキャンパスで学んでいる。彼女を取り上げることにした理由は、異郷の地で外国人女性として男性社会の中で働くダニエラの生き様から、親愛なる東洋経済の読者の皆様にお伝えしたい教訓が多かったからである。

ダニエラは15歳まで故郷のペルーで育ち、高校は1年間ドイツの全寮制学校で過ごした。その後父の仕事の関係でエルサルバドルに移住。幼少期から国境どころか大陸を移動してきたことは、その後の人格形成に多大な影響を与えた。ペルーからエルサルバドルというと同じ中南米でそんなに違いがあるのか、という感じがするが、高校時代はえらく仲間外れにされたという。

南米はブラジル人のお祭り騒ぎのイメージが強いが、実は極めて宗教色が強い。エルサルバドルなどでは大半が敬虔なクリスチャンであり、週末は親戚を交えた大家族で集まるのが一般的な過ごし方だ。

高校時代は日本でもそうだが、どこの国でも“ほかと違う”子をいじめようとするものだ。彼女も“週末に大家族でご飯を食べてない(親戚はペルーにいるため)”、“普通の家族とは違う!”というだけでのけ者にされる原因になった(この話は私の幼少期を思い起こさせる。地元の小学校で鍵盤ハーモニカを生徒が皆買ったのだが、私のだけ色違いのやたらと立派な鍵盤ハーモニカだったため、“皆と違う”という理由で非常に悲しくなり、やっすいやすい、そっこらへんの鍵盤ハーモニカを泣いて両親にねだったものである)。

次ページネットワークの力を身に染みて実感
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT