女性が”海外男性社会”でサバイブする方法

世界最大級のビール会社で働いてみた

ペルーに帰って小さなビール工場を創りたい

ダニエラは卒業後、再び大好きなビール関係の会社で働きたいという。しかしそれは大きなビール会社で働くのではなく、故郷のペルーに帰ってマイクロブルワリーの会社を創設するのが夢なのだ。

ケミカルエンジニアリングの博士課程で学ぶ兄と共に、地元で小さくてもいいから良質なビールを安価で提供できる会社を創りたい。それは5歳の物心ついたときからビールを父親に飲まされてきて根っからのビール好きになったことだけが原因ではない(編集長、これ、また未成年やのにビール飲んだ、とかいって変な炎上せえへんか? ペルーの法律とか、ネット炎上事情確認しといて)。

ダニエラいわく、ペルーでは一部のエリート層を除けば、大半の庶民は極めて貧困な生活を余儀なくされている。そして庶民はそこら辺の川の水を原料に造る、Guaroという非常に不潔で危険な安いアルコールを飲んでいるという。汚い袋に入れられているGuaroは20セントほどで売られていて、貧しい人が買える唯一のアルコールだという。

味よりも単に酔っぱらうことだけが目的でこれを買っている庶民は、健康が著しく害されていることを気にしない。ダニエラは地元でおいしい安価なビールを造ることで、この“アルコールの悲しいブラックマーケット”と闘うことに使命感を見いだしているのだ。

そんなダニエラの今後の門出を応援すべく、ダニエラの南米でマイクロブルワリーを創るビジネスに投資したい、ないし一緒に仕事したいという親愛なる東洋経済の読者の方がいらっしゃれば、ぜひこちらまでご連絡ください。

ダニエラのいい話で終わるかと思ったら、また太っちょコラムニストのビジネスになるんかい、という感じで恐縮だが、彼女はスペイン語、ドイツ語、英語に堪能で、中南米と北米の飲料ビジネスに深い知見と人脈を有している。

海外投資に積極的なベバレッジメーカーの皆さん、および南米市場を調査するのにスペイン語やポルトガル語ができるコンサルタントが必要だという方は、こちらまでご連絡いただければ、太っちょコラムニストとダニエラさんが責任を持って、対応させていただきます。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT