女性が”海外男性社会”でサバイブする方法

世界最大級のビール会社で働いてみた

上司としてではなく、友人・コーチとして振る舞う

ダニエラは国籍や文化背景や年齢層の違うチームから認められるために、ボスとして振る舞うのではなく友達になろうとした。いつも、正式な会議の場で全然耳を貸してくれなかったいちばん手ごわいマイケルにインフォーマルな場で近づき、相談してアドバイスを請うようにした。そして相手に自分はあなたを信じている、というメッセージを伝え、徐々に人間関係を構築していった。

1人、2人と同じように非公式な場所で人間関係をつくり、自分の“信用のサークル”を広げていった。また年上の従業員の中は、年下女性にマイクロマネジメントされていると感じればやる気を失い、士気が下がってしまいがちなので、最大限裁量を与えるようにした。ダニエラはボスではなく友人、上司ではなくコーチとして振る舞うように心掛けた。

20代前半の小柄な外国人女性が上司に気に入られて抜擢されたのは、ダニエラがつねにもっと仕事をやりたい、責任の範囲を増やしたいと、強い情熱で積極的に仕事を増やしていったからだという。

人はなぜビールを買うのか、ある消費者はなぜ他社のビールを買うのかを考えるのが楽しく、消費者の視点で店に頻繁に足を運んでは、ほかのビールとの比較に打ち込んだ。充実したビール漬けの毎日を送ったダニエラだったが、収入マネジメントやマーケティングに限定されず、自分の可能性を一段と広げるためにINSEADでのMBAコース進学を決意した。

INSEADへの留学

こちらINSEADでの生活をダニエラは「人生で最も心地がよい」と話す。外国人として各国を転々としてきた自分は、いつも“アウトライヤー”だと感じていた。しかしINSEADでは出身は80ヵ国にわたり、またそれぞれの学生が3ヵ国、4ヵ国で生活し、複数の言語を操る。文化的な多様さが尊敬され、寛容に受け入れられ、お互いがお互いにとって“変”ではない。むしろ“変”であることは相対的な観念であり、誰を基準にするか、そこに普遍的な物差しなどないことを学んだ。

「ここは誰しもがマジョリティでもなく、マイノリティもいない。どんなユニークなバックグラウンドの人でも、それが当たり前で、“普通“なんて押し付けられた思い込みにすぎないことがわかった」とダニエラはほほ笑む。

次ページ夢は、祖国にビール工場を造ること
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT