子なし夫婦に「とやかく言う人」の偏った信念

それは自分に「裁く権利」があるものなのか

まず、相手からの批判的言葉に「やんわりスルー」できるフレーズを決めておくのは一手です。「ご助言、どうもありがとう。でも、うちは夫婦でよく話し合って決めたことなんだよ」「お母さんに育ててもらったことは感謝しているよ。でも僕の人生は僕自身で選びたいんだ」と、なるべくアサーティブな言葉を、正直に、やわらかく発してみるのです。

それでも、子なしハラスメント的言動が続くならば、「子どもがほしくてもできないんです」と、わが身を守るための手段としてウソをつくことも、このケースでは許されるかもしれません。

幸福感を持ち続けられる生き方を選ぼう!

子どもを持つ人生、持たない人生、それぞれに幸せがあるでしょう。意見の違い、「べき論」の違いはあって当然です。子どもを持つ、持たないのどちらを選ぶかは、とどのつまり、「幸福感を持ち続けられる生き方」を自分の責任で選択することだと考えます。

そして、幸せになるには時間がかかるものです。アンガーマネジメントの考え方は、ソリューションフォーカス(解決志向・未来志向)がベースになっていることは、これまでも触れてきました。ソリューションフォーカスでは、「フューチャーパーフェクト(望む未来)」を目指すためにできることを実行していきます。

「望む未来=幸せ」の実現のためには、時間がかかるものですから、実行のペースはゆっくり(ショートステップ)で構いません。いま、自分は幸せに向かって、どの位置にいるのだろう? パーフェクトな状態を「10」としたら、今の自分の状態はいくつ? 4かな? では、5にするためにコレをしてみよう!……そんな方向で考えてみましょう。

がんばっている自分をちゃんと肯定し、自分自身にOKメッセージを語りかけながら、夫婦で選択した人生を謳歌してください。自分と、そして配偶者・パートナーの心身が元気ならば、他人のちょっとした悪口など、気にならなくなりますよ!

アンガーマネジメントに興味を持たれたかたは、拙著『パワハラ防止のためのアンガーマネジメント入門』(東洋経済新報社)をご高覧ください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。