夫激怒!子なしで主婦希望は「甘え」なのか

22時帰宅後にすべての家事、「まるで家政婦」

自分のことを「家政婦みたいに感じてしまう」という投稿者……(撮影:今井康一)

「夫の収入だけで生きていけるのに、仕事を辞めさせてもらえない」。そんな女性の悩みがインターネット掲示板に寄せられ、議論となった。

相談者は結婚して1年で、夫婦共働き。夫の仕事は朝帰りが基本の激務だが、相談者の仕事も決して楽ではなく、毎晩22時頃に帰宅した後、家事のほとんどを負担している。

家事と仕事の両立が辛いため、「仕事を辞めてパートに変えたい」と夫に相談したが、「子どももいないのにパート主婦になりたいとか甘え」と取り合ってくれないそうだ。夫はほとんど家事をしないが、その理由は、「自分の方が長く働いているからだ」という。

「婚姻生活が破綻している」といえるか

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

仕事が辛く、家事にも疲れ果て、自分のことを「家政婦みたいに感じてしまう」こともあるという。投稿者の悩みには、「モラハラ」「子供のいないうちに別れたほうがいい」と、離婚を勧めるアドバイスが寄せられた。

いくら激務とはいえ、家事の負担を妻に押し付け、かつ、仕事をパートに変えることを認めない夫と離婚することができるのか。河原崎弘弁護士に聞いた。

「まず、現在の相談者の話の内容だけでは、離婚できる可能性は低いでしょう。なぜなら、離婚は、婚姻生活が破綻している必要があります。言い換えると、『婚姻を継続し難い重大な事由』が存在する必要があります」

次ページ「元に戻るのは不可能」と判断される基準
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT