絵本の女性はなぜエプロン姿で描かれるのか

幼い子どもに刷り込まれる「理想の母親像」

これからの時代の理想の母親像とは?(写真:Ushico / PIXTA)

「女性活躍」が叫ばれる中、世の中にある矛盾

各種の新聞やテレビ、雑誌、ネットメディアなどで「女性の社会進出」や「女性活躍」というキーワードが並ぶ昨今。国も企業も躍起になって女性活用を進めています。一方で、世の中にある「固定観念」を形成する土台は、それとは矛盾したままになっているものもあります。

子どもたちに「こんな本を借りると良いよ」というガイドライン的な推薦図書の一覧。幼稚園や小学校、幼児の定期健診の場などで配られることが多いものです。筆者が住む自治体では、「えほんがすき」という一覧が図書館などで配られています。

夜になると疲労困ぱいの親を尻目に、数冊の絵本読み聞かせタイムが待っていて、場合によっては無間地獄のように同じ本を「もういっかい」「もういっかい」と何度も読まされる――。なんていうご家庭も多いのではないかと思います。わが家でも、「もっと読んで」と毎晩ねだられますので、このような一覧に基づいて、絵本が図書館のある特定の場所に固まって置いてあったりすると、毎度借り換えの際に選ぶ手間が省けて非常にありがたいと感じています。

次ページ絵本の中で描かれるお母さん像
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。