絵本の女性はなぜエプロン姿で描かれるのか

幼い子どもに刷り込まれる「理想の母親像」

ただ、ある時にふと目にした女性像、そう絵本の中では往々にしてお母さんなのですが、それらの人物が必ずと言ってよいほどエプロン姿であることに気づきました。

エプロン姿で描かれる女性たち

7冊借りた中で、すでに4冊はそのようなお母さん姿です。著作権の関係で挿絵をご覧に入れられないのが残念ですが、『せんたくかあちゃん』『はじめてのおつかい』『どろんこハリー』『ちびくろさんぼ』など、たくさんの本でお母さんはエプロン姿で登場しています。

そこで、思い立って公立図書館で、その「えほんがすき」というガイドラインの本が集積しているコーナーに陣取り、女性がどんな風に描かれているのかを調べてみました。お子様方にお邪魔になるといけないので、平日昼間にこっそりと伺いました。

この「えほんがすき」シリーズは全部で106冊の指定があり、

0~1歳向き……15冊
2~3歳向き……22冊
4~6歳向き……42冊
昔話えほん……15冊
知識
えほん……12冊

 

となっています。この中で、知識えほんという理科系の内容などを題材にした本と昔話えほんを除く79冊のうち、貸し出し中の本を除く40冊あまりについて中身を全ページ調べてみました。

すると、そのうち約半数近くにあたる18冊で、お母さんが登場し、そのうちの12冊はエプロン姿、残る絵本は赤ん坊をおぶっていたり、買い物かごを持っていたりで、いわゆる「家事育児アイコン」以外の中立な状態で描かれていたのは2冊のみでした。主人公がきつねさんの場合もねずみさんの場合も、丁寧にそのお母さん像にはエプロンがあしらわれていました。

他方でお父さんが家の仕事をしている姿が描かれていたのは、ペンキ塗りをするお父さんなど2名のみ。「家にいる大人」ということからすると、偏った姿ともいうこともできます。

次ページ「女性は家事」という社会通念
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT