絵本の女性はなぜエプロン姿で描かれるのか

幼い子どもに刷り込まれる「理想の母親像」

NHK文化放送研究所の調査によると、結婚している男女のうち、1週間に10時間以上の家事をする男性は2割以下、逆に女性は8割近くです。日本では男性は家事の時間が非常に少なく、家事をするのはもっぱら女性です。絵本という、子どもにとって大切な母性を確認する場においてのこの「家事育児アイコン」は、お母さんの自然の姿でもあり、家庭の温かさを具現化するひとつの手段なのかもしれません。

良妻賢母像のあしかせ

筆者は最近縁があって、複数の女子大で授業をする機会があります。先生方とお話をすると、現在の学生さんは就職活動に精を出す一方、潜在的には専業主婦志向が強い学生さんも多いのだそう。筆者が何人かキャリア相談に乗ったことのある社会人の女性も、「できれば家庭に入りたい」という気持ちを漏らしていました。

筆者が話を聞いた女子大生や若手社員に限って言うと、母親が仕事を持っているか否かには関係がなく、むしろ、そうすることが女性の幸せである、と本人が疑うことなく考えているケースが多かったのです。

幼少期に母親が家庭にいるべきか否かは、世界中で古くから議論されているところであり、その問題には今回は立ち入りません。ただ、日本政府が女性活躍推進の旗振りをしていることと、幼い子どもの教育に使われる絵本の世界で「母親は家にいるもの」という姿が理想のように描かれていることは、なんともちぐはぐな感じもあります。

次ページ世界の絵本はどうなのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT