合格率は5.9%。ハーバード大入試の全貌

日米トップ大の入試はこんなに違う(下)

成績だけでなく、巻き込む力も問われる

まず始めに、「ACADEMICS」という項目を説明する。

この項目では、学校の評定平均値(定期テストの成績)やSAT(米国の統一テスト)の得点を記入する。さらに、日本の受験生は、TOEFLなどの英語力のスコアも記入させられる。

また、SATやTOEFLは、年に複数回受験できるので、受験生は低学年の時から計画を立てて受験する。このため、出願のタイミングでは、自分のスコアを願書に記入することができる。 

2つ目は、「Honors」の項目を説明する。

この項目では、中学3年から高校3年の間に取った賞を記入する。賞ならなんでも良いわけではなく、あくまで学問(アカデミックな)領域の受賞歴に限定される。

また、受賞のレベル感も以下の4つの区分で記入しなければならない。

S(School)…校内レベル

S/R(State/Region)…都道府県大会や地区大会レベル

N(National)…全国大会レベル

I(International)…世界大会レベル

具体的には、「数学や物理などの国際オリンピックで金メダルを取った」「英語ディベート大会で世界大会に出場した」などの受賞歴を記入する。 

世界大会レベルの賞を取っていれば、受験を有利に運ぶことができるが、この欄が空白だと不合格になるというわけではない。

部活動や生徒会活動など、学問(アカデミックな)領域以外で活躍している生徒は、次の「Extracurricular」の項目でアピールすることになる。

ここでは、部活動や生徒会活動、ボランティア活動や仕事の経験など、課外活動の実績を記入する。年間でどれぐらいの時間をかけて、どのような役職で活動したかを記入する。

この項目を通して、受験生の主体性や行動力、そして、コミュニケーション力やリーダーシップ力がだいたいわかる。つまり、周りの人と常にかかわりながら、人を巻き込んで結果を出す力があるのかを判断することができる。

次ページエッセイで、”自分らしさ”を見る
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。