竹中平蔵(上)「リーダーに必要な3つの資質」

世界のリーダーと日本のリーダーの違い

日本の新しいモデルを創る「新世代リーダー」とはどんな人なのか。どんな能力、教養、マイ ンドセット、行動が必要となるのか。国内外のリーダーを知り尽くした、各界の識者たちに「新世代リーダーの条件」を聞く。
第3回目は、小泉内閣において、経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、総務大臣を務めた、竹中平蔵・慶応大学教授が、優れたリーダーの共通点を語る。

 世界のリーダーと日本のリーダーの違いは何か。

まず世界のリーダーは、「世界で今何が起きているか」について貪欲に情報を求め、洞察を深めている。

たとえば、とあるインドのグローバル企業のCEOは、年に数回、世界から自宅に専門家を招き、一日中缶詰めになって議論している。私もそのメンバーの一人だが、ほかにも、元米財務長官のローレン・サマーズや、英国国際問題研究所(IISS)所長のジョン・チップマンなど、そうそうたるメンバーがそろっている。

彼はグローバル企業のCEOなので、いろいろな資料やデータが部下から上がってくる。だが、最後の決断は自分一人で下さなければならない。そのためには、頭の中に、「世界で何が起こっているか」について洞察をつくっておく必要がある。だから、わざわざ世界から専門家を呼んで意見を聞いている。

もっと孫さんのようなトップを

ほかにも、ある香港の富豪は、ダボス会議にやってきて、ホテルの部屋に陣取り、次から次へと参加者を招いていく。私が招かれたとき、前に呼ばれていたのは米国の大統領補佐官だった。彼がダボスに行くのは、会議に出るためではなく、そこに集う人に会うためだ。

つまり彼らは、組織のトップでありながら、組織と戦っているところがある。組織から上がってくる意思決定そのものに対して、批判的な目を向けながら、自分で最終的な判断をするという姿勢を持っている。私はこれこそが本当のリーダーだと思う。

ダボス会議には、世界トップ企業のCEOが集うイベントがあるが、そこに行くとみなプロの経営者ばかり。去年はあの会社のCEOで、今年からまた別の会社のCEOといった感じで、みな顔見知りだ。リーダーであることをプロフェッショナルな仕事にしている人がいる点が、日本とすごく違うところだと感じる。

日本のリーダーの場合、組織の上に完全に乗っかってしまう人が大半だ。組織の生え抜きで、兄貴分のような形で、トップに上り詰める人が多い。もっとソフトバンクの孫正義さんのようなトップが増えたら面白いと思う。

次ページ口下手な人はリーダーになれない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。