「自分だけ得したい人たち」から身を守る技術

不機嫌な彼らに振り回されてはいけない

トラブルメーカーへの対抗手段を知っておくことも、重要なスキルです(撮影:尾形文繁)
会社のために、おのおのが協力して成果を上げようとするのが、職場の理想の姿です。ところが、現実の職場には、成果や利益を独り占めしようとする人たちが、少なからず存在します。他人の仕事に「タダ乗り」したがる人たちです。
自分が損をしそうになると過敏に反応する彼らは、ときに、権力者の威光を振りかざし、あるいは、親切なフリをして、他人の成果を掠め取るチャンスを虎視眈々と狙っています。
彼らの「タダ乗り」を許さずに、あなたの成果を守る方法を、『職場にいる不機嫌な人たち』の著者で、精神科医の西多昌規さんに教えてもらいました。

 

驚くほど人望がない「自分だけ得したい」5タイプ

あなたの職場に、次のような同僚はいませんか?

①「この経験はあなたのためになるから」と利益薄の仕事を振ってくる人
② 偉い人の権威を持ちだして、仕事を押し付けてくる人
③ 成果を挙げられない部下を「使えない」と切り捨てる人
④ 誘いを断られるとむくれる人
⑤ 自分の欠点を武器に居直る人

 

「いるいる! これって、あそこの部署の○○さんのことだ!」と、いくつか頭に浮かんだ顔があるのではないでしょうか。

彼らは、ひとことで言えば、「自分だけが得をしたい」という欲求を抑えられない人たち。自分の「損得」に過剰なまでに敏感で、自分が損をしそうになると、とたんに不機嫌を表すタイプの人たちです。

不機嫌な態度をとれば職場で浮くことは、少し考えれば誰にでもわかりそうなものです。しかし、「自分だけは損したくない」「得をしたい」「あわよくば他人が挙げた成果にタダ乗りしたい」という身勝手な誘惑に勝てないのが彼ら。不機嫌な態度を振りかざし、なんとか自分だけ利益を得ようとします。自分さえ安泰ならば、組織や同僚がどうなろうと知ったことではなく、職場では人望がまったくないタイプです。

身勝手な彼らに、あなたが努力して挙げた成績や利益を横取りされないためには、どうすればよいのでしょうか。先ほど、例として挙げた5つのタイプについて、以下で詳しく見ていきましょう。

次ページ「あなたのため」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT