デキる人ほど、さわやかに「NO」を発している

周囲を味方につけるための「断り方の常識」

仕事でもプライベートでも役に立つ「断りの流儀」をご紹介(写真:わたなべ りょう / PIXTA)

こんにちは。メンタルアップマネージャの大野萌子です。

このところすっかり暖かくなり、そろそろ会社の歓送迎会、お花見、バーベキューなど、各方面からのお誘いが増える時期。気が向かなくても断れず、困っているという方も多いのではないでしょうか。

日本人は「和」を尊重するために、断ることに対して否定的なイメージを抱く傾向にあります。「断るなんて相手に失礼」「自分勝手と思われてしまわないか心配」などなど、多くの人にとって、はっきり「NO」と言うのは、なかなかハードルが高い行動と言えるでしょう。

しかし、仕事においてもプライベートにおいても、すべての誘いや依頼に応えることは実際不可能でしょう。また別の側面から考えれば、相手と自分の意見(考え方や感じ方)が違うことを伝えることは、お互いが理解し歩み寄るために必要なことです。つまり「断ること」は、良好な関係性を保つために非常に有意義なことと言えるのです。

「嫌われたかも」と受け取られないために

この連載の過去記事はこちら

ですから、どんな場面でもさわやかにNOと言えるように、上手に断る方法を訓練しておくといいでしょう。まずは何かのお誘いを受けた場合を例に挙げて考えてみます。

誘いの内容に興味がなく、行きたくないと感じた場合、どうにか言い訳を考えて、あいまいな返答してしまうことはありませんか? こういう時、「困ったなぁ」「いやだなぁ」「相手に悪いなぁ」という感情が表情に表れて、目をそらして応えてしまう場合があります。これだと、表情は乏しくなり、相手は「拒否された」という感じを抱きやすくなります。

私たちはより多くのメッセージを、相手の言葉の内容よりも、表情や声のトーンなどから受け取ってしまう傾向があります。そうすると「誘いの内容云々ではなく、この人は自分のことが嫌いになったのかしら……」など、まったく意図していない形で受け取られる可能性すらあります。

次ページ「断る理由」は添える必要がない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT