トップになれなきゃ2位も3位も同じ

中西直義・アイダエンジニアリング副社長に聞く

 

--最後に、来年度は現在の中期経営計画の最終年度、そして5年後には創立100周年を迎えます。それに向けての事業ビジョンを教えてください。

目指すのは「安定経営」の「強い会社」です。計画に掲げている売上高650億円、営業利益率8%を安定的に出していくために粛々と事業を進めていく。国内外の生産拠点では少なくとも800~900億の売上を出せるほどの能力はあります。しかし工場の床面積の問題ではなく、技術の伝承が大事。製品不良などで95年続くアイダのブランドに傷をつけることはあってはなりません。

目標を持って厳しくビジネスをやっていくことも不可欠です。設計には原価意識、係長レベルには時間の意識、課長クラスにはいかに賃率を下げるかなどの努力が必要です。「悔しさ」を持つことが大事でしょう。「2位じゃダメなんですか」なんて言う人がいましたが、そんな気持ちじゃビジネスはやっていけません。トップになれなきゃ、2位も3位も同じです。

それから先ほども言いましたが、人づくりも欠かせない。それも次世代の人づくり。技術にしろ営業にしろ、若い人の採用を積極的に進めています。全社的に若返りを図りたい。我々の世代が若者に席を譲っていかないといけないとも感じています。

(聞き手:中川 雅博 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT