コンビニ飯をメタボ予防食にする、3つの鉄則

忙しい人でも「スローカロリー」を実践できる

「スローカロリー」な食べ方をマスターしましょう!(写真:Syda Productions / PIXTA)

「糖質ゼロ」「食べる順番」「スーパーフード」などなど、健康を保つための食事法がたくさん登場しています。しかし、厚生労働省の「国民健康栄養調査」によれば、国民の摂取エネルギー(kcal)が減っているにもかかわらず、メタボ人口は増えているとのことです。

原因の一つは、間違いなく「血糖値の乱高下」にあります。これには食事による糖の吸収が早いか、遅いかがかかわってくるのですが、これに関連し、近年、医師や管理栄養士、食品会社の研究者たちの間で「スローカロリー」な食生活が支持され始めています。

スローカロリーな食べ方、3つの鉄則

この連載の過去記事はこちら

「スローカロリー」とは、ゆっくりと食べ物の栄養価が体に消化吸収されるような食事の摂り方のことで、単に糖質やカロリーの摂取量を抑えればいいわけではありません。糖質の消化吸収を「スローにさせる」ためには、食べ方に気をつける必要があります。

スローカロリーな食べ方の最低限のルールとしては、

・ゆっくりとよく噛んで食べる
・野菜→タンパク質食品→炭水化物という順で食べる
・多くの種類のものを少量ずつ食べる

 

という3点が挙げられます。

「血糖値の急上昇対策=糖質そのものをカットする」と考えてしまう方が多いようですが、主食の炭水化物などの糖質を抜いてしまうと、エネルギー不足となり、集中力低下などのデメリットを引き起こす場合もあります。ですからやはり「食べ方」に着目して対策を講じてみてください。

次ページいつもの食事を「スローカロリー」に変革!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT