「幸せトレーニング」を実践してわかったこと

工学博士とお坊さんの「特別コラボ」大公開

「幸せ」に関心を持つさまざまな職業人が集まった今回の特別コラボ。ワークも盛り上がり、活発な質疑応答が繰り広げられた
ロボット工学博士で慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科教授の前野隆司先生と、臨床心理学と仏教を学んだ浄土宗僧侶の井上広法さん。東洋経済オンラインで対談をしたのがきっかけで、3月上旬、ふたりの提唱するそれぞれのメソッドを組み合わせた幸せトレーニング<コラボ編>の実践イベントが実現した。50名の参加者は、幸福学について聴講し、実際のワークを体験。はたしてその効果はあったのか?!

 

対談記事はこちら

前編:「幸せ」を工学博士とお坊さんが解明しました

後編:幸せのトレーニングで人生は変えられる!

幸せになるための4つの因子を特定

ロボット工学者の前野隆司氏(左)と僧侶の井上広法氏(右)。幸せを研究した結果、同じような結論に至ったのがおもしろい(撮影:梅谷秀司)

前野隆司先生は「ロボットの心はどのように作ればいいか」という発想から、心の研究を始め、深く入っていった結果、幸せの研究に行き着いた。「幸せになる方法はわかりました」と断言する。井上広法氏との対談や著書『幸せのメカニズム―実践・幸福学入門』でも述べているように、科学的なアプローチで日本人1500名のサンプルから幸せ度を調査。それを分析して幸せになるための4つの因子を特定した。そして、その因子を強化する「ハッピーワークショップ」を行っている。

僧侶の井上広法氏は、仏教はもちろんだが「グリーフ(悲嘆)ケア」への興味から大学に入り直し、臨床心理学も学んだという経歴をもつ。井上氏もまた、悲しみを癒すという立場から幸せについての研究を深め、ひとつの答えにたどり着いた。こちらは「ハピネストレーニング」という名前で定期的に講座を開いている。詳しくは、ぜひ対談(前編後編)をぜひお読みいただきたい。

次ページGoogleが採用した瞑想法
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT