「寺社フェス」仕掛けた若き僧侶の正体

若者と仏教をつなぐ秘策はDJだった

友光雅臣(ともみつ・がしん)氏は1983年生まれ。大正大学卒。2008年東京・常行寺僧侶に。2011年より音楽を軸とした仏教総合イベント「向源」を主催しているほか、神職と僧侶の勉強会なども開催

全国に約7万5000ある各寺社は、今後発展するのか衰退の一途をたどるのか、岐路を迎えている。そもそも、お寺はあなたにとって身近な存在だろうか? お寺は何をするところなのか、お坊さんとは何者なのか、仏教とは何か。そんな疑問を持っている人も多い。

そこで、「お寺業界はどこに向かっているのか」をさまざまな角度から探っていきたい。今回は、まるで電通マンのごとく「寺社フェス」というビッグイベントを成功へと導いた若き僧侶、天台宗常行寺副住職の友光雅臣氏を取り上げる。

増上寺に6000人の若者が集結

2015年5月、東京・芝にある増上寺は、異例のイベントで盛り上がっていた。総合プロデューサーは天台宗僧侶の友光雅臣氏。東京教区浄土宗青年会と共催で行われている「向源」という“寺社フェス”である。

今年で5回目となる向源。2011年の第1回目は80人の参加者だったが、5年で75倍の6000人に。写経や写佛、修行体験、日本文化などの体験講座、神道×仏教のトークショー、お坊さんのよろず相談所など多くのコンテンツがそろっている。

向源のコンセプトは「戦い続けている若者たちに、一瞬でもすべてのスイッチをオフにしてリラックスしてほしい。雑音から脱して、自己と向き合った中で見つけた大切な目標に[向]かうときの[源]となりたい」というものだ。

友光氏に経歴を聞くと、大学時代はDJをして遊んでばかりで、どこかの企業の派遣社員になって年収300万円くらいで生きていくのだろうと思っていたというから驚く。人生わからないものだ。しかし、なぜ僧侶に?

「ある日、つきあっていた彼女のお母さんに『うちのお寺に入らない?』と言われて。宗教に特に興味はなかったし、お坊さんの仕事というとお通夜、葬式、法要だけだと思っていたので、正直、乗り気ではありませんでしたが、僕が初めて、お坊さんになるという選択肢を意識した瞬間です」

次ページ自分のフィルターを通して伝える
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。