「時給10万円」でもお坊さんが喜べない事情

日本の寺には問題が山積みだ!

「坊主丸儲け」「葬式仏教」――。

どちらも仏教に対するネガティブなイメージだ。坊主丸儲けとは「僧侶は元手がいらないので、収入の全部がもうけになるということ」。葬式仏教とは、「儀・法事などを形式的に執り行うのみで、人々の救済や真理の追究など、宗教本来の目的を失ってしまったとして、現代の仏教界を批判して言う語」(いずれもデジタル大辞泉より)だ。

「住職」とも呼ばれるお坊さんは通夜と葬式のときにだけ来て、お布施で数十万円の収入を得る。しかも通夜、葬儀の2日間を合わせても、仕事をしている時間はせいぜい3時間くらいだろうか。「時給にすれば10万円以上じゃないか!」と、こんな意見が大方のところだろう。 

だから、「いま、日本の寺が大変なことになっている」といっても、正直、ピンとこないかもしれない。だが、データを見ていくと、着実に寺の危機は顕在化している。

4分の1の寺には住職が住んでいない!

全国にある寺の総数は、約7万7000。このうち約4分の1に当たる実に約2万が無住(住職が住まない)の寺と推計され、ほかの寺の住職が兼務している。寺の責任者はそもそも「住職」と言われるくらいで、その寺に住んで(あるいは近くに住んで)、地域住民の檀家と付き合いながら、葬儀や法要に出たり、身近な相談に乗ったりするのが仕事である。 

週刊東洋経済8月8・15日合併号(3日発売)の特集は『お寺とお墓の大問題』です。後継者不在、檀家の減少にあえる地方の寺。都会での仏教離れなど、お寺とお葬式、お墓の問題を総まくりしました。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

その住職がほかの寺と兼務していては、法要やお盆の供養も十分にできなくなる。もっとも、兼務の住職そのものは珍しいものではなく昔からあった。檀家が少なかったり、住職の後継ぎがいなくなったりした寺では、親寺に当たる比較的大きな寺や、近くの寺に兼務の住職を依頼してきた経緯もある。

ところが、その兼務寺が増えているのだ。禅宗の大きな宗派である曹洞宗は全国に約1万4000カ寺を擁するが、兼務寺院は1985年の2097カ寺から2005年には2743カ寺に増えている(曹洞宗では10年ごとに詳しい調査を行っており、2005年調査が直近)。

寺院のある地域状況について聞いたところ、約35%が「過疎化が進んでいる」と回答し、人口減少が響いていることがわかる。

次ページ兼務寺が増えている理由とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT