1分の瞬発力勝負!医学部「仰天面接」の真意

この図形、高齢者に正確に描かせられますか

まず、用紙の左上側にあまり端にならないように、一辺が3センチ大の正三角形を描いてもらう。次に、その図形から同じ高さで右に数センチ離れた所に、やはり一辺が3センチ大の正方形を描いてもらう。最後に、上に描かれた2つの図形から等距離になるよう、紙の中心のやや下側に10円玉よりいくらか大きい円を描いてもらう。そしてその円の内部の右下側に線のない鋭角部分が5箇所ある星印を描いてもらう。

言うは易し、行うは難し。これを1分間で処理するのは相当に難しい。私もギブアップだ。

Bさんの指示プロセスについてもコメントしておこう。これは単純だ。Bさんは、まず形状として簡単な正三角形と正方形を描かせ、上半分を完成させてから、最後に円を描かせ、その中に星印を描いてもらうべきであったと、私は思う。複雑な図形を描くのは誰でも手間取るはずで、制限時間内に選択する行動の優先順位としては不適切である。

未来の医師が向き合う患者は、その多くが高齢者

ところで最近、私が医学概論の講義で話すテーマに「高齢者医療と総合診療の必要性」という内容がある。高齢者の数はいずれ4000万人に達する勢いで増えており、今の受験生が医師として1人立ちする頃には、いわゆる「団塊の世代」が後期高齢者の年齢に差し掛かり、大変な時期を迎えているはずである。彼らが向き合う患者も、その多くが高齢者であるはずだ。

そういう社会状況も加味すると、この2次試験には2つの「問いかけ」を読み取ることができる。1つは、複雑な事柄を整理し分かりやすくまとめる、医師に必要な能力・資質がありますか、という点。そしてもう1つは、理解力が鈍る高齢者に粘り強く向き合い、自身の考えていることを伝達することができますか、という点だ。

さらに付け加えるならば、あなたはそもそもお年寄りが好きですか、高齢者と向き合えますか、ということも問われているのかもしれない。

昨年の12月に文部科学省から公表された、高大接続システム改革会議(第9回)の資料によれば、国語において重視すべき項目が挙げられている。以下に一部を抜粋したい。

<評価すべき具体的な能力>
(1)与えられた文章や図表等の中から情報を収集したり取り出したりする力
(2)文章や図表等の情報を整理し、解釈する力
(3)文章や図表等の情報を要約したり、一般化したりする力

 

この内容、なんだか今回の2次試験と符合していまいか。

こういった問題は、まず作問が大変だろうし、採点にも時間がかかる。だが、本問のような方向に試験が向かえば、子どもたちの真の能力が見えてきそうだ。これからの子どもたちには、柔軟な思考力とそれをアウトプッとする力が、従来にも増して求められることになるのかもしれない。

医学部入試に関する情報は小林公夫オフィシャルサイトでも随時紹介しています。参考にしてください。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。