キャリア女が「主夫」を受容できない根本理由

消えない役割分担意識が生む「主夫=ヒモ」説

キャリア女子の味方か、敵か。これからの時代の「主夫」について、白河桃子さんと語り合いました
自分のパートナーに「主夫」はアリか――。キャリア女子の皆さんは、そんな選択肢を真剣に検討したことがあるでしょうか。正直、「主夫」に抵抗感を持っている人がまだまだ多いのではないでしょうか。
でも、少し考え方を変えれば、意外な利点が見えてくるかもしれません。「11万人の夫が妻の扶養に入ってる!」という刺激的な帯文に目を引かれる『「専業主夫」になりたい男たち』(ポプラ新書)を上梓した、白河桃子さんにお話を聞きました。
※ 後編は2月5日(金)の掲載予定です。

 

専業主婦はリスクが高い…じゃあ主夫は?

太田彩子(以下、太田):私はこの本を読んで、私の中の「主夫」の定義が変わりました。今までは「ヒモ」とか「養ってもらっている人」とか、ネガティブなイメージがあったんですが、そうではないんですよね。

白河桃子(以下、白河):まあ、私が取材した中でもいろいろな方がいらっしゃいましたよ。専業もあり、兼業もあり。

「主夫」っていうものについて、最初は私も、どうとらえたらいいのかわからなかった。普段女子学生に「専業主婦になるのはリスクが高いよ」って叱咤激励している身なので、うーん、じゃあ専業主夫というのはどうなんだろうって思いながら、取材に入っていったんです。それで結局、この本の最後のあたりで「主夫」というものを再定義したんですよね。

太田:書かれていましたね。「主夫=家事や育児を"主"体的に担う"夫"」ということで。

次ページ女の側にも「覚悟」がない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT