キャリア女が「主夫」を受容できない根本理由

消えない役割分担意識が生む「主夫=ヒモ」説

白河:某有名企業で取材したときに、営業女性が10年で10分の1になっているというのを聞いて、これはゆゆしき事態だと思いました。そこで何か手を打つべきだとは思うのですが、マッチョな長時間労働を一気になくすというのも、また難しいことです。

「男の魅力」の考え方を変えてみよ

白河:そこで「主夫」の話に戻りますが、そういうマッチョな環境の職場にいて、仕事が好きな女性は、自分よりも仕事の野心はないけれど、家庭的なことをやってくれるような男の人と結婚したほうが、産み時を逃さないで済むよ、っていうことなんですよね。太田さんの営業部女子課にいらっしゃるような女性には勧めたい戦略ですよ。

仕事ができる女性はみんな悩むじゃないですか。仕事は好きで、けっこうおカネも稼いでいるけど、結婚も出産もしたい。それならば、ほどほどに仕事をして、一方で家庭をメインで守ってくれるような男性をパートナーとして選ぶ手もあるのではないかと。

自分に仕事・稼ぎで勝るとか、そういうところを「男の魅力」だと思う気持ちを捨てたら、楽になれるんじゃないでしょうか?

太田:20代だと、これがなかなか捨てられないんですよね……。

(構成:ラリー遠田 撮影:名鹿祥史)

営業部女子課とは、主宰の太田彩子が2009年に立ち上げた、営業女子を応援するためのコミュニティです。女性営業職の活躍を拡げることで、結果男女ともに輝きながら働ける社会創造を目指しています。詳しくはこちらをご覧ください。
講演・セミナーのお問い合わせはこちら → kouen@yoshidamsaki.com
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
怒濤のM&Aで年商1兆円<br>ミネベアミツミの成長戦略

「中興の祖」髙橋高見氏の積極的な買収で大きく成長した旧ミネベア。娘婿の貝沼由久会長兼社長も同じく、M&Aによる事業拡大路線を歩む。現ミネベアミツミの成長の軌跡を振り返り、4月に買収したユーシンの再建に向けた課題を考察。

  • 新刊
  • ランキング