円満な「主夫家庭」には、共通の心得があった

誰もが「昭和の母」にならなくてもいい

これからの時代、主夫が果たす役割とは?
新刊『「専業主夫」になりたい男たち』(ポプラ新書)を出版された白河桃子さんとの対談企画。後編の今回は、主夫に向いている男性とはどういう人なのか、そんな男性とどうやって出会えばいいのか、具体的に語っていきます。
前編:キャリア女が「主夫」を受容できない根本理由

料理や洗濯のスキルは「二の次」でいい

太田彩子(以下、太田):白河さんは、どのような男性が「主夫」に向いていると思いますか?

白河桃子(以下、白河):女性の活躍に嫉妬しない、というのがいちばん大事だと思います。男女関係なく、すごい人のことを素直にすごいって思える人じゃないと難しい。

太田:ほかにはどんな条件がありますか?

白河:本でもいくつか書きましたが、私がいちばん面白いと思ったのは、実際に主夫の方自身がおっしゃった「テーブルの上のものが落ちそうになったら先に手を出す人」っていう定義です。すごくわかる!と思いました。あとはやはり、節約家でマメで働き者。動かない人はダメなんですよ、ヒモになっちゃうから。

実は料理とか洗濯とか、家事ができるっていうのは、条件としては「二の次」なんですよ。料理ができなかったっていう人でも、いまは立派に主夫をやっていますから。

太田:スキルは後からついてくる、と。

次ページ女友達とうまくつきあえる人でないと難しい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT