円満な「主夫家庭」には、共通の心得があった

誰もが「昭和の母」にならなくてもいい

太田:これまでは企業とか組織という箱に個人が合わせなきゃいけない時代だったのが、今は逆になっていますよね。多様な人に対して、周りの企業や環境が合わせないといけない。

白河:どこも人材不足ですからね。優秀な人を確保したかったら、柔軟な働き方を許容していくことが必要な時代です。だから家事・子育て専業の人が家に必要だというのは、いずれなくなるかもしれません。

お互いワークライフバランスよく、ほどほどに働いて、家事育児の時間もあって、選択の自由がある。その上で、この時期は専業主婦(主夫)を選びたい、という人がいるなら、それはそれでいいと思います。

「主夫」は振り切った提案ではあるが

太田:あと、後ろめたくない気持ちで選べるっていうのが大事ですよね。

白河:そうですね。女性はまだまだ「子どもを持ちながら仕事をしている自分が後ろめたい」という気持ちがあります。これが40年前からイクメンキャンペーンをやっていて、男女平等が実現している北欧だと、育児はどちらの役割という意識もありません。

「主夫」というのは振り切った提案ですが、男性でもやればできるし、そういう生き方を選ぶことだってある。選択肢を広くする意味で、専業主夫のことを書いてみたのです。男性がとらわれている役割意識の不自由さ、女性がとらわれている家事育児への息苦しいまでの負担感、そんなものから、お互いに協力して自由になっていけるといいですね。

太田:先ほどおっしゃったように、100%ありなんだけれども、ちょっと抵抗があるというか、昔ながらの役割認識は誰もが持っているじゃないですか。そういう認識は自分にもあるし、誰にでもある。そう認めていいんだよ、ということを言われて、ホッとしました。

白河:そういうふうに言っていただけるとうれしいですね。

 

前編:キャリア女が「主夫」を受容できない根本理由

(構成:ラリー遠田 撮影:名鹿祥史)

営業部女子課とは、主宰の太田彩子が2009年に立ち上げた、営業女子を応援するためのコミュニティです。女性営業職の活躍を拡げることで、結果男女ともに輝きながら働ける社会創造を目指しています。詳しくはこちらをご覧ください。
講演・セミナーのお問い合わせはこちら → kouen@yoshidamsaki.com
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。