寝ても疲れがとれない人がすべき「3つのこと」

血流を改善してスムーズに眠れる体になる

また、「第二の心臓」と呼ばれる、血の巡りに大きくかかわっている“ふくらはぎ”にアプローチすることでも、全身の血流の改善が期待できます。

普段、運動をする習慣がない人は、家で簡単にできる筋力トレーニング、スクワットから始めましょう。

毎日たった6回のスクワットからでいい

スクワットは、1種目だけで「人間に必要な筋肉すべてに効く」と言っていいくらい、幅広い筋肉を使う運動です。脚の筋肉はもちろん、腹筋や背筋、体幹をフルに使うトレーニング種目なのです。運動習慣のない人が、よく眠れるようになるために何か1つ筋力トレーニングを始めるとしたら、スクワット以上にいいチョイスはありません。

このスクワットを、毎日6回からでいいので、チャレンジしてみましょう。

『誰でも簡単に疲れない体が手に入る 濃縮睡眠®メソッド』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「たった6回でいいの?」と驚かれるかもしれませんが、運動習慣をつけるためのポイントは、まずは簡単であることです。

濃縮睡眠に必要な筋肉をつけるためには、まずは簡単なことでいいから運動をはじめること。そして、運動を習慣化することを第一に考えましょう。

スクワットは誰でもやったことがある運動ではありますが、正しいやり方は意外と知られていません。効果は抜群なだけに、スクワットは間違ったフォームで行うとひざや腰を痛めやすい運動でもあります。

ここでは、効果が高く、体に負担をかけない正しいスクワットのやり方を紹介します。次の6つのポイントを意識しながら取り組んでみてください。

<正しいスクワットのやり方>
①足は肩幅か、肩幅より少し広いくらいに開く
②ゆっくりしゃがみ、ゆっくり立ち上がる。スロースクワットが効果的
③しゃがむ際、膝がつま先より前に出ないようにすると膝を痛めない
④膝を前に出さずに、お尻をうしろに出す。いすに座るイメージで
⑤猫背や腰を反らすのはN G。まっすぐしゃがみ、立ち上がる
⑥呼吸を止めない。しゃがみながら息を吸い、立ち上がりながら吐く

 

これらのストレッチと運動を、毎日の習慣に取り入れてみてください。きっと、入眠から30分以内に深い眠りにスムーズに入っていける体になるでしょう。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。