女性に「いびき」が増える理由と具体的対処法

夫が妻のいびきを我慢しているケースも…

男性の場合は睡眠時無呼吸症候群の人が多いですが、女性の場合は女性ホルモンの減少が関与しているケースが多いといわれています(写真:Fast&Slow/PIXTA)  
「いびきがひどすぎるから、なんとかして」「寝室を別にしたい」。家族からこのように言われ、悩んでいる人は少なくないのではないでしょうか。このいびき、歯科で治療ができるといいます。
どんな方法なのか、果たして効果はあるのか、テレビなどでおなじみの歯周病専門医、若林健史歯科医師に疑問をぶつけてみました。

30年間、妻のいびきを我慢

50代のある女性患者さんは歯の治療中に、デンタルチェアで寝てしまい、軽いいびきをかいていました。少ししてご自身のいびきの音で目が覚めたのですが、

「私、いま、いびきをかいていましたよね? 今まで主人にもいびきをかいていると一度も言われたことがないので、信じられません」

と困惑されていました。帰宅後、その患者さんはご主人に早速、確認したそうです。その結果は、

当記事は、AERA dot.の提供記事です

「実は……気づいていたけれど、ずっと言えなかった」

結婚から30年、夫からの「まさか」の告白でした。

いびきは上気道がなんらかの原因で狭くなり、呼吸をするときにこすれて発生する、振動音です。飲酒や風邪、鼻炎などで気道が狭くなって起こるいびきなど、一時的なものもありますが、慢性的に起こるものが問題になります。

慢性的ないびきの原因にはアデノイドで知られる咽頭扁桃(いんとうへんとう)の腫れ、のどちんこと呼ばれる口蓋垂(こうがいすい)が大きい場合、副鼻腔炎(ふくびくうえん)や鼻中隔彎曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)(鼻の骨が曲がった状態)、睡眠時無呼吸症候群など病気によるものがあります。さらに顎が小さい、肥満、女性ホルモンの減少など体の特性から起こるものも。

次ページいびき予防にはマウスピースがおすすめ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT