寝ても疲れがとれない人がすべき「3つのこと」

血流を改善してスムーズに眠れる体になる

このストレッチは場所をとりませんし、道具もいりませんから、いつでもどこでもできるのが利点です。仕事の合間など、1日に何度でも、気がついたら肩を回すようにするといいでしょう。肩甲骨ほぐしの第一歩には最適な運動です。

タオルを使ってさらに広げる

次に紹介するのは、タオルを使った肩甲骨のストレッチです。

普通のフェイスタオル1枚を使うだけで、さらに肩甲骨の可動域を大きく広げることができます。これも、人によってはかなりきつく感じられると思いますので、無理せずに少しずつやっていきましょう。

肩甲骨まわりのストレッチ①

まずは、タオルを体の前で持つ方法から始めましょう。手のひらを上にして、タオルを持ちます。手首を返して手のひらを下にするとともに、タオルを巻き込みます。すると、タオルを短く持った状態になります。この状態のまま、3種類のストレッチをやっていきます。

①足を肩幅くらいに開き、腕を上に伸ばす

この段階で、かなり肩甲骨が開くのがわかるはずです。はやくも「きつい」と感じるかもしれません。無理のない範囲で、できるだけ上に腕を伸ばしましょう。

注意するのは、腰が反らないようにすること。腕を高く上げようとすると、無意識に腰が反っていくことがあります。腰が反らない範囲で、真っすぐにできるだけ高く腕を伸ばすことを目指します。呼吸を止めず、10秒間この姿勢をとってみましょう。

②腕を伸ばしたまま体を横に倒す

ゆっくりと体を横に倒して脇を十分に伸ばし、ゆっくり戻しましょう。次は反対側にゆっくり倒し、ゆっくり戻します。これを2往復します。最初は無理をせず、徐々に深く倒していくようにしましょう。これもシンプルですが、体が固まっている人はかなりきつい運動と感じられると思います。

③腕を伸ばしたままうしろを振り返る

首だけで振り返るのではなく、腰から上をうしろに向けるようにします。これも左右に2往復しましょう。

次ページ「胸を開く」が効果的な姿勢
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT