30代以上がハマる「男性用ニベア」の裏側

市場トップは意外にも資生堂ではなかった

そしてもうひとつ影響しているのが、「他人の目」。「男性も職場で身だしなみを見られる時代となり、特に管理職などは外見を意識し始めている」と、松倉さんは話す。また、「女性の目」も背中を押すようで、妻や彼女、娘など、身近な女性に勧められてスキンケアデビューする男性も少なくないそうだ。

男性用の弱点「ヒリヒリ痛い」がない?

実はお肌の状態に悩む男性は少なくない?

では、なぜ今「ニベアメン」が支持されているのか。ひとつは、「肌へのやさしさ」だろう。

従来の男性用化粧品は、アルコールやメントールが強いスッキリした使用感のものが多かったが、これらの成分は、敏感肌にはヒリヒリと刺激になる場合もある。そんな中、ニベアメンは、より多くの人が安心して使えるよう設計されている。フェイスケア9商品のうち、アルコール入りは皮脂悩み向けの一商品のみ。さらに新商品の「アクティブエイジ」3商品は、無香料だ。

筆者(36)も「アクティブエイジ(以下、AA)」を試したが、確かに刺激のないやさしい使用感だった。夫(34)にも試してもらったところ、「コレ、全然痛くないね!」と、好反応。

今まで髭剃り後は、資生堂の「シーブリーズ」を使っていたが、かみそり負けしているときはメントールの刺激で痛かったという。これを聞き、「そもそも肌が不調なときは刺激の強い商品はやめておけ!」と呆れたが、男性はケアの仕方以前に問題があるようだ。「女性のように化粧品カウンターでカウンセリングを受ける機会もないので、男性は肌がどのような状態にあるかわかっていない」そうなのである。

でも、何らかの悩みは持っているという。皆様も20代頃までは若さゆえの皮脂悩みが中心だったと思うが、30代頃からはさらに「乾燥」や「かみそり負け」、40代頃からは「ハリや弾力」などの悩みも出てくるのが一般的なようだ。

ニベアメンは、こうした肌悩み別に商品を展開しており、パッケージも悩みの文言が目立つようデザイン。夫が、「髭剃り後の乾燥がずっと気になっているけど、何をどう選んでいいのかわからない」と言っていたが、おそらくこうした男性が多いこともあり、悩み訴求型で選びやすいニベアメンは売り上げを伸ばしているのだろう。

次ページコエンザイムQ10など美肌成分も人気
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。