5分でわかる「スター・ウォーズ」の英語名言

新作を見た人もまだの人もたったこれだけ!

今回も、この字幕が出た瞬間、もう皆さんで拍手をするくらいの熱狂をして、新シリーズを迎えたいものですね!

最初に覚えたい、最も有名なフレーズ

さて、7つの名言でストーリーを振り返る前に、まずは、最も有名なこのセリフを復習しましょう!

・May the Force be with you!
(フォースと共にあらんことを)

The Force というのは、単純に日本語に訳すと「力」とか「フォース」ということになります。この単語は、スター・ウォーズの世界観の中で、銀河を支配する不思議な力を表したもので、操るものに様々なことを可能にするものとして描かれています。これは、もう単なる英単語を超えた単語といってしまってもよいでしょう。

本文の May は、「祈願のmay」といって、「~でありますように」と、願い事をいうときの表現です。翻訳によって、the Force を主語として扱う「フォースが共にあらんことを」や、文全体の意味をとった「フォースと共にあらんことを」と訳されることがあります。

また、May the Force be with you! は、特に重要なシーンでよく使われます。字幕を見て意味を理解するのではなく、そのキャラクターが、どのような口調で、どのような表情でこのセリフを話しているのかを味わうために、英語を耳で聞いて、すぐに理解できるようにしておきたいところです。 

なんといっても、新作の副題は『フォースの覚醒』ですから、the Force という単語は絶対に出てくるでしょう! 「誰かが the Force に覚醒する」ことが、なにより副題で示されているわけですから。

これを押さえたら、名言でたどる「旧三部作」の総復習をはじめましょう!

英語名言その①[エピソード4/新たなる希望]
・You must learn the ways of the Force, if you’re to come with me to Alderaan.
(もしも私とオルデラーンまで来たいのならば、フォースを使う術を身につけなければならん)
物語の冒頭、ルークを帝国との戦いに誘うオビ=ワン・ケノービ。
(『CD付 スター・ウォーズの英語 [エピソード4 \新たなる希望]』より)
 

『エピソード4/新たなる希望』の冒頭では、銀河を支配する帝国に一矢報いるため、レイア姫が、かつてのジェダイの将軍オビ=ワン・ケノービに助けを求めたところで、ストーリーが動き出します。このセリフは、オビ=ワンが、ジェダイの息子である少年ルークを、オルデラーンへの冒険に誘ったときのセリフです。

if you’re to come with ~の「be to + 動詞の原形」は、計画や意志を表す表現です。ここでは「君がフォースの流儀を身につける気概がなければ、オルデラーンまで連れていけない」という、意志を表しています。で、ルークをフォースの道に導いているのです。

次ページエピソード4、5の名言はこれ!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。