5分でわかる「スター・ウォーズ」の英語名言

新作を見た人もまだの人もたったこれだけ!

フォースには「正しい使い方」をしなければ、悪の道に陥ってしまうという性質があります。『スター・ウォーズ』シリーズは、全編を通してこの「フォースをめぐる心の葛藤」がテーマとなっていることも押さえておきたいところです。

英語名言その④[エピソード5/帝国の逆襲]
・A Jedi uses the Force for knowledge and defence, never for attack.
(ジェダイはフォースを知恵と防衛に使うのじゃ。攻撃に使ってはならん)
[エピソード5]で、ヨーダの元でジェダイとしての修業を積むルーク
(『CD付 スター・ウォーズの英語 [エピソード5 帝国の逆襲]』より)
 

「フォースの良い面、悪い面をどうすれば見分けられるのか?」というルークの問いに、ヨーダはこの言葉で答えます。

A Jedi の「A」は、ある集団の中で典型的な一人を指し、「ジェダイであればみんな~」というニュアンスを含んでいます。これまで共和国の騎士の通称として使われていた「ジェダイ」という言葉について、ヨーダから新たな意味が語られたシーンでもあります。

ジェダイというのは、知識を得るため、自衛のためにしかフォースを使わない、というのです。自分から敵を傷つけるためには決して使わないのが、ジェダイなのです。これは柔道などの武道に近い考え方ですね。

英語名言その⑤[エピソード5/帝国の逆襲]
・Join me, and together we can rule the galaxy as father and son.
(仲間になれ。そして共に父と子として銀河を支配するのだ)

『スター・ウォーズ』シリーズで最も衝撃的なシーンでのセリフです。ダース・ベイダーは、ルークに「自分がお前の父親だ」と告白し、父である自分の軍門に下るように誘うのです。

join は、「~に加わる」という意味で、join me だけで「自分の仲間になれ」と誘うときによく使われます。rule は、文字通り「ルール=規則」ですが、動詞として使う場合は「支配する」という意味となります。

『エピソード3/シスの復讐』で、ルークの父・アナキンは自らの心をコントロールできずにダース・ベイダーとなってしまいました。この「フォースが覚醒した後」というのが最も大切なんですね。『スター・ウォーズ』のストーリーの根幹には、この「自分の心の中にあるダーク・サイド」との戦いが描かれているのです。

次ページクライマックスのこの名言
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。