グローバル人事の「目」(第6回)--海外拠点で「価値観」を浸透させる極意とは?

グローバル人事の「目」(第6回)--海外拠点で「価値観」を浸透させる極意とは?

◆自社の価値観を海外で浸透させるのは難しい

海外現地法人が増えてくると「日本本社の『価値観』をグローバル全体に浸透させて、一致団結したい」ということがテーマになる。そこで、日本本社の価値観を明文化して、海外拠点で説明会などを行うようになる。

しかし、説明会の場で海外現地法人の社員が「わかった」と言っても、本社や駐在員の目から見ると「わかった」ようには見えないことが多い。本社役員自ら海外現地法人に出向き、自らの言葉で直接価値観を伝えたり、カードや冊子にまとめて配ったりするなど、繰り返しコミュニケーションをとっても結果は大きく変わらない。

最近、「価値観を海外現地法人に浸透させるのに何かいい手はないですか」という相談を受ける機会が増えている。

実際にその会社の価値観を文章化した資料を見ると、どの会社も共通して「我社の価値観を体現した行動」で価値観を表現している。一見正しいようであるが、実はそこに落とし穴がある。

自社の価値観を行動で表現すると、当たり前の内容になってしまうのだ。
例えば「インテグリティ(誠実さ)」は重要ですと言われれば、その通りですと理解してくれる。しかし、具体的に現場行動にそのキーワードを落とし込もうとしても、どの会社にも当てはまりそうな一般的な「べき論」に陥り、自社らしい行動に結び付かない。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT