グローバル人事の「目」(第6回)--海外拠点で「価値観」を浸透させる極意とは?

 

浸透施策に用いたワークマットに、
(1)価値観を表すシンプルな単語と写真を用いて国籍や宗教が異なっていても共通のイメージを描けるようにする。
(2)模造紙大のワークマットの上で常に価値観を表すビジュアルが見えるようにして常に意識させる。
(3)ミスにつながった仕事上判断に困る10のケースを用意して討議させる。といった工夫を取り入れた。

参加者からは「現場判断に会社の価値観をどのように反映させればいいのか、よく理解できた」と高い評価を得た。

またこのワークマットでは、ファシリテーターの技量が高くなくてもディスカッションを進めていくことができる。これに魅力を感じた参加者がこのワークマットを職場に持ち帰り、ファシリテーターとして部署毎に価値観浸透を自主的に行うことも出てきた。その結果、現場の判断のブレによるミスは激減して、ほぼ0に近くなり、現地法人の従業員満足度も5段階中3から4.4までスコアが向上した。

松本利明(まつもと・としあき)
人事ジャーナリスト、コンサルタント、HRストラテジー代表、MSC(マネジメントサービスセンター)エクゼクティブアドバイザー、プライスウォーターハウスクーパース、マーサー・ジャパン、アクセンチュアのプリンシパルを経て現職。外資系・日系の大手から中堅企業までの組織・人材マネジメント改革に従事。クライアント数は18年間の累計で300社を超える。著書に 『M&Aを成功させる組織・人事マネジメント』(日本経済新聞社)。寄稿、講演多数。

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT