男の「自称デキる」と「真のデキる」はどう違う

1年の振り返りトークで将来性までわかる

オトコのポテンシャルを見抜くには、ここを見よ!(写真:msv/PIXTA)

1年を振り返る会話が増える時期、自称デキるオトコと真のデキるオトコを見分けるチャンスです。

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

もうすぐ今年も終わりですね。「はたらく女性のかていきょうし」として女性のお仕事コンサルをしていると、12月は「一緒に1年の振り返りをしたい」というご相談が多くなります。

振り返りトークは相手を知るヒントがいっぱい

この連載の過去記事はこちら

仕事場でも同様で、仕事納めを前に今年1年を振り返る面談や会話が行われる時期です。1年の振り返り面談はどこの会社もだいたい同じ。目標管理シートを見ながら実績を振り返り、次にフリートークでよもやま話をする……というちょっと退屈な構成です。面談が盛り上がらずに形式化している会社も多いと思います。

でも会話は相手を知るヒントがいっぱい表れる貴重な機会。たとえば男性上司や男性部下と1年を振り返るような話をするとき、あるポイントをチェックすれば、相手が将来的に真にデキるオトコかどうか、ポテンシャルを簡単に見抜くことができます。

今回は、この時期によく交わされる1年の振り返りトークで、目標管理シートなんか使わなくても、真のデキるオトコを見分けるお作法をご紹介します。もちろん、はたらく女性ご自身が1年を振り返る時にも十分役に立つお作法です。

次ページでは、どのように見分ける?
関連記事
トピックボードAD
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
銀行 破壊と再生

リテール部門が苦境に陥るメガバンク。偽りの優等生・スルガ銀行では不正が蔓延。金融庁新長官曰く「ビジネスモデルを変えていく自主性が感じられない」。変革へのラストチャンス。