なぜ日本男子は「自分の強み」を語れないのか

自分ならではの「違い」を打ち出し土俵を作れ

日本人は「自分の強み」を探すのが苦手です(写真:Ushico/PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

新しい1年が始まりました。新鮮な気持ちの中、これから先のことに思いを巡らせる人や、就活のために「自己分析」を始める学生さんも多いかと思います。

「自分の強み」、即答できますか

この連載の過去記事はこちら

これから先のキャリアを考える時に必ずついてくるテーマが「自分の強み」です。「はたらく女性のかていきょうし」として働く女性にお仕事コンサルをしていると、自分の棚卸しをして強みを見つけたいというご相談が多いです。

ところがこの「自分の強み」探し、日本人はすごく苦手です。特に日本男子。まず「あなたの強みは何ですか?」の問いにいちばん多い回答は……「特にありません」。身もふたもありません。

中には自分の強みを答える人もいますが、ちょっとズレが目立ちます。たとえば、「自分は東大を出て官僚になって…」と突然経歴や資格、肩書きを語り出す男性がいました。ギャグかと思って、肩書きは聞いていませんけど? と突っ込もうとすると……本人はいたって本気。

次ページ強み探しが下手な理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT