なぜ日本男子は「自分の強み」を語れないのか

自分ならではの「違い」を打ち出し土俵を作れ

日本人は「自分の強み」を探すのが苦手です(写真:Ushico/PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

新しい1年が始まりました。新鮮な気持ちの中、これから先のことに思いを巡らせる人や、就活のために「自己分析」を始める学生さんも多いかと思います。

「自分の強み」、即答できますか

この連載の過去記事はこちら

これから先のキャリアを考える時に必ずついてくるテーマが「自分の強み」です。「はたらく女性のかていきょうし」として働く女性にお仕事コンサルをしていると、自分の棚卸しをして強みを見つけたいというご相談が多いです。

ところがこの「自分の強み」探し、日本人はすごく苦手です。特に日本男子。まず「あなたの強みは何ですか?」の問いにいちばん多い回答は……「特にありません」。身もふたもありません。

中には自分の強みを答える人もいますが、ちょっとズレが目立ちます。たとえば、「自分は東大を出て官僚になって…」と突然経歴や資格、肩書きを語り出す男性がいました。ギャグかと思って、肩書きは聞いていませんけど? と突っ込もうとすると……本人はいたって本気。

次ページ強み探しが下手な理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。