幸之助は弱みを強みに変えることができた

見せかけの強さから出発してはならない

幸之助が成功した理由とは?(写真:読売新聞/アフロ)

松下幸之助という人と長年接していると、この人がはたしてわずか50年ほどの間に、ゼロから出発して世界的大企業をつくった人物なのだろうかと思う瞬間を、ときおり感じることがあった。

特別に他人を圧倒するような腕力があるのでもない。とりわけ群を抜いて豊富な知識を持ち合わせているようにも見えない。

テレビで高校野球を見ている、相撲を見ている、その横顔を見つめながら、この人にはほかを威圧するなにものも持ち合わせていないというように思えた。そればかりではない。ときにあまり自信のない表情が、その顔をよぎることがあった。

恐る恐る経営に取り組んでいた

著者の近著『上司力20』は好評発売中

松下は、経営にたずさわっていた間、ずっと恐る恐る経営に取り組んでいた、と言うこともできるのではないか。

いや、人生そのものが恐る恐るだったと言うこともできるのかもしれない。しかしそれならば、この圧倒的な存在感はなんであろうか。なによりもその実績は、とてつもなく大きい。

あるとき、松下は次のように答えたことがある。

うん? わしが成功した理由か? そやなあ、ようわからんな。きみが聞くように時折、どうしてあんたはこんなに会社を大きくしたのか教えてくれ、どんな方法があるのか教えてくれ、というようなことを聞かれるときがあってな。けど、そんなことは聞かれても、あれへんわけや。けどな、強いて言えば、わしが凡人やったからやろうな。人と比べて誇れるようなものはない。それがよかったと思う

次ページ過酷な少年時代だった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT