松下幸之助は納得するまで何度もやり直した

著作の校正に半年間も掛ける執念

自分の本にこだわりを持っていた松下幸之助は、校正にも時間を掛けていた

人間を考える』という本をつくったときのことである。

この本は、松下幸之助にとって、とりわけ重要な本であった。原稿は吟味に吟味を重ねた。検討を始めて数回のところで、その手書き原稿は印刷会社にまわされた。校正を行うためのゲラ刷りとして、活字に組んでもらうためである。

そのゲラ刷りによる内容の検討が、半年間、ほとんど毎日のように行われた。150~160ページのゲラを最初から最後まで、1日かけて読み続け、細部の修正を重ねる。訂正が書きこまれたゲラ刷りは、印刷会社にまわしてきれいに印刷をしなおしてもらう。1カ所に数時間、あるいは1日かけて検討するということもあるから、毎日印刷をしなおすというわけではないが、それでも数日に一度となる。

何度も何度もゲラ修正を行った

初めのうちは印刷会社の担当者も機嫌がよかった。松下の書いた本はこれまで何冊もベストセラーになっていたからだ。しかし、修正が15回を越えると私に文句を言いだした。

「江口さん、たいがいにしてください。いままでのうちのゲラ修正の記録は、大学の先生が12回か13回されたのが最高なんです。普通はせいぜい2回ですよ。そんなに何回も出されたら困ります」

「それはそうだろうと思うけれど、そこをなんとか……」

ということでなだめすかしながらの修正が、20回を越えると、印刷会社の担当者もあきらめたのか理解してくれたのか、「何回でもゲラ修正をしますから、どんどん出していただいてけっこうです」というように変わってきた。

半年のあいだ、通し読みを繰り返し、また部分読みもずいぶんとした。そのつど印刷会社には迷惑をかけたわけであるが、松下の人間観の検討は執拗を極めた。どんなに小さな言葉、どんなに小さな気になる文言も、見逃しはしなかった。

次ページ本の作り方は「異常」だった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT