松下幸之助は「些細なこと」にも工夫を求めた

成功とは些細なことが積み重ねられた叙事詩

些細なことが積み重なって、「成功」になる

松下幸之助は些細なことにもこだわりを持っていた。『商売心得帖』という本の表紙をつくったときもそうであった。

「心得帖」というタイトルの持つ雰囲気を出すために、デザインは昔の和綴(わと)じ風がいいだろう、それでは全体を紺地として表題のところを白く抜き、そこに「商売心得帖」と印刷するといいだろう、ということを決めた。

しかし実際には、このやり方が意外に難しいということがわかった。白く抜いたところに文字を印刷すると、当時の技術では、わずかな文字のゆがみであっても非常に気になってしまうのである。

この本は不良品やで

この連載の過去記事はこちら

「技術的に難しいから、こういうやり方はやめてほしい」と印刷会社の担当者が言う。なるほど、そんなものかと私はあっさりあきらめた。そのかわりに表紙全体を紺色に印刷して、その上から「商売心得帖」と印刷した短冊型の紙を貼ろうということになった。

出来栄えは上々だと思った。東京に出かけていた松下に連絡すると、すぐに持ってきてくれと言う。三冊ほど持って新幹線に飛び乗った。

松下電器の東京本社の松下の部屋で見せると、にっこり笑って、「うん、できたか。これ、なかなかええやないか」と喜んでくれた。しかし、ページをめくりながら、あるいは表紙まわりを眺めながら本を見ている、そのうちに松下の笑顔が消えた。おや、と思った瞬間、「きみ、この本は不良品やで」と言う。

どこが不良品なのかと思っていると、松下はその本を目の高さに持ち上げ、表紙を水平にして横から眺めた。

「ここのところが、凸凹しとるやろ。これはあかん」と言いながら、表紙の白い紙のところを指でなでている。

次ページ「できん」と言っているだけではあかん
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。