松下電器の工場はなぜ全国各地にあったのか

自分のことより他人を優先した

自分のことよりも他人を優先し、成功した

松下電器の工場は、日本のほぼ全県にあった。なぜそんなにたくさんの場所にあるかといえば、発端は次のような出来事であった。

1966(昭和41)年、販売店の大会に出席するため松下は鳥取県の米子に赴いた。そのとき、たまたま泊まった旅館で朝御飯を食べていると、給仕をしてくれていた女中さんから「ぜひこの米子に、松下電器の工場を建ててください」と頼まれた。

女中さんの切実な思いに心を動かされた

この連載の過去記事はこちら

働く場所が少ないため、最近若い人たちが都会へ出ていってしまう。人が減る一方で、それが非常に寂しいし、今後の発展も望めない。もしここにも工場があれば、働く場所があれば……。だから、ぜひ工場をつくってほしい、という話であった。

それを聞いた松下は、知事や市長から聞くのであればともかく、たまたま泊まった旅館の女中さんまでがそのような切実な思いをしているのだと知って、とても心が動かされた。

経済の高度成長に伴い、都市と地方のあいだで、人口の過疎過密の問題が顕在化しつつある時代であった。のちにほかの県でも同じ問題を訴えられた松下は、当時いちばん人口減少の激しかった鹿児島県をスタートとして、工場の地方進出を実行していった。米子の女中さんの訴えも、のちにマイクロモータの工場として実現した。

さて、結果的に松下電器は、各地域で評価を高め、経営的にもプラスになった。それを見て、「うまくやりましたね」と言う人たちがいた。良質の労働力が安く集まり、土地も安く、宣伝にもなったからである。

次ページたとえ自分が損をしても、他人のことを考えた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。