幸之助は弱みを強みに変えることができた

見せかけの強さから出発してはならない

経営における幾多の成功事例は、そのような人生を背景に生み出されたものが多い。たとえば事業部制は、1933(昭和8)年、世界的にも早い時期であった。しかしそれは、体が弱く直接に仕事をやることができなかったからである。それで自分に代わって仕事をやってもらおうと考えているうちに、自然に、それぞれの製品別に事業部をつくって、経営者を決めてやってもらうことを思いついた。

のちに人材の育成とか責任の明確化とか、合理的な説明がなされるようになるが、もともとは自分の体が弱かったことがきっかけである。もし、頑健な体をしていたら、1から10まで全部自分がやってしまおうと思ったであろう。幸いにして体が弱かった。それがよかったということである。

松下が大きな成功を収めることができた重要な理由として、自分の「弱さからの出発」という境遇をはっきりと見つめ、容認したということがある。自分が凡人であり、その凡人が事業に取り組むのだということを、自認したからこその成功であった。松下ははっきりと自分を普通の人間、平凡な人間、凡人として認識していた。

松下は、性格的にも弱いほうであった。自分自身でもしばしばそう表現していた。しかし、一方では驚くべき強さがあった。常人では及びもつかない強さがあったこともまた事実である。特に、自分の信念を貫くことに厳しかった。自分の負っている責任に対して厳しかったし、とにかく自分自身に対してはつねに厳しかった。

弱さに徹したところが強さになった

こうした厳しさ、強さはどこから出てきたのだろうか。

その強さは、奇妙な言い方かもしれないが、自分の弱さを認識し、その弱さに徹したところから生まれてきたのではないかと思う。

たいていの人間であれば、なるべく自分の弱さを隠そうとする。隠さないまでも、どこかで自分の「優位性」を表現しようとする。弱い自分をどこかで「強く」見せたいと考える。その無理が、逆にその人本来の魅力を失わせる。しかしほんとうの自分を素直にさらけだす者には、魅力が生まれる。そばにいる人の心を開かせ、かえって存在と迫力を感じさせるようになる。

と同時にもうひとつ、松下はその弱さから出発しながら、弱さを現実において「強さ」に変える意思を持っていた。

弱さを強さに変えるためには、どうすればいいのか。日々、一歩一歩を積み重ねていくことである。人に尋ねたほうがいいと思うならば、素直に尋ねる。その日なすべき仕事に、誠実を尽くす。恵まれた能力がないというのであれば、人一倍の熱意でことにあたる。そのような小さなことの積み重ねが、平凡を非凡に変え、弱さを強さに変えてくれる。

このように考えてくると、成功を目指す者が心すべきことは、中途半端に自分ひとりを高きところに置き、見せかけの強さから出発してはならないということである。成功を目指す者が心すべきことは、自分の弱さを直視し、認識し、それを出発点にして、なおかつその弱さを徹底して貫き通し、平凡なことを誠実に熱意をもって積み重ねることによって、本当の強さを生み出していこうとすることである。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。