松下幸之助は「天地自然の理」を重んじた

雨が降っても傘を差さない経営者が多い

雨が降れば、傘を差す。そんな当たり前で平凡なことが、成功の秘訣(写真 : Jaromir Chalabala / PIXTA)

5年先、あるいは10年先のことを考えながら、商売は、その日その日の積み重ねである。そういうふうに平凡に解釈していったらいいのではないか。

これは有名なエピソードであるが、やはり紹介しておかないわけにはいかない。

成功の秘訣は「天地自然の理」

著者の近著『上司力20』は11月27日発売(上の書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

ある新聞記者が「あなたは非常に成功したと思うが、その成功の秘訣はなにか、ひとつ話してくれませんか」と質問した。

松下幸之助の答えは「まあ、天地自然の理によるんですわ」

これに対し面食らった記者は「天地自然の理……、具体的に言うとどうなるのでしょうか」と聞き直した。

「雨が降れば傘を差す、ということですわ」

それはどうも、わかったようなわからんような、記者が口ごもると、松下は次のような説明をした。

次ページ松下幸之助の説明は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。