本当に出世したいなら「順番待ち」から脱せよ

プロ経営者という選択肢もある

出世のためにポジションの空席待ちが必要です(写真:kelly marken / PIXTA)

平社員に始まり、うまくいけば主任→係長→課長→部長→役員などと段階的に昇進していく。日本企業で働くビジネスパーソンにとって、相変わらず「社内で出世の階段を上り詰めること」は、会社員人生を送っていくうえでの一般的な選択肢だ。

会社内での「順番待ち」が出世欲を奪った

日本の上場企業社長の就任年齢は、この15年余りでかつての60代半ばから50代半ばに若返った。ただ、数百人以上の規模の企業ですら、たった1人の社長にまで上り詰めるのはかなり難しい。従業員が数万人規模の超大企業なら宝くじの1等1億円を当てるようなものだろう。

同期だけでなく前後の年齢にライバルは多数いる。業績を挙げていればなれるワケでもなく、さまざまな不確定要素がある。それを30年以上にわたって目指して行くのは、並大抵のことではない。若者が出世を望まなくなったのも、むべなるかなだ。

ところが、世界のエリートは違う。プロ経営者がたくさんいる。プロ経営者とは、企業でトップ出世をするのでもなく、起業して社長になるでもない。経営幹部となるための第3の道だ。若いときは経営者としての素質を磨くことに専念し、30代、40代では「経営者として雇われる」ことも珍しくない。経営者になるための「練習」の質が、サラリーマンとはまったく異なる。

日本のプロ経営者として有名なのは以下のような人たちだろう。ジョンソン&ジョンソン日本法人社長から転じたカルビーの松本晃会長兼CEO。ゼネラル・エレクトリック上級副社長から転じたLIXILの藤森義明社長。日本コカ・コーラ社長から転じた資生堂の魚谷雅彦社長。ローソン社長から転じたサントリーの新浪剛志社長。アップルコンピュータ(現アップル・ジャパン)そして日本マクドナルド会長からベネッセホールディングスに転じた原田泳幸会長兼社長などだ。

彼らはプロ経営者のほんの一部にすぎない。実際、世の中にはそれほど知名度はなくとも、40代を中心に多くのプロ経営者がさまざまな企業で活躍している。

いったいどうしたら、プロ経営者は40代の若さでこれらの企業を率いることができるようになるのか。40代といえば、大企業ではようやく課長になったばかりという年齢だ。結論からいうと、例外なく相当な「修行」を積んでいる。それは、経営者としての訓練を積むことだ。

プロ経営者となった人たちは、それぞれの年代で何をしているのだろうか。

次ページプロ経営者、20・30・40代での行動
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT