実戦で使える!「ハッタリ英語力」3つの心得

戦う前に、心構えで負けている

こんにちは、ずんずんです。

日本では暑さも終わり、秋口といったところでしょうか。私がいるシンガポールでは万年常夏なので、秋の情緒もくそもありません。

むしろ、インドネシアから焼畑農業の煙が偏西風に乗ってシンガポールにやってきて、街全体が煙に包まれております。

どんだけテンションあげあげで畑を燃やしてるの!? やめて!

さてはて、今は私もこうやって海外で働いておりますが、帰国子女だったわけでもなく、英語が元からペラペラだったわけでもなく、英文科だったわけでもなく、今でもなぜ自分の英語が通じるのかよくわかりません。

そう、毎日ミラクルを起こしているのです。

よく、英語ができると世界が変わると申しますが正しくは、

『英語ができるようになると人生の選択肢が増える』

と言った方が正しいのではないでしょうか。

日本人に足りないのは「実戦経験」

上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。
 
ブログをお引越ししました!がんばって更新中!よかったら見てみてね☆

TOEICの点数が高ければ、就職・転職で優位に働く場合もありますし、企業によっては海外で働くチャンスも出てくることかと思います。

しかし、学校の授業やTOEICだけではビジネスで通じる英語は身につけられません。大学受験やTOEICで英語を学んだ日本人に圧倒的に足りないのは、

実戦経験です。

ビジネスの世界の英語は、ゲリラ戦みたいなものです。

いかん! この言い回しがわからない! と思って、黙ったり、あーうー……などと言っていると、後ろから撃たれて死にます。

しかし、英語力うんぬん以前に、正しい戦い方を体得できれば、弾をよけ、自分をまもることは十分できるのです。

次ページこの3つを押えよ!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT